2007年02月10日

S-Oにナイルガット

10Feb07-1.jpg
ナイルガット、張ってみましたよ。
かなり前にコアロハに張ってみたものの、イマイチな印象だったので外しておいた弦です。おさがりですね。

ナイルガットはイタリアのアクィーラ社の製品で、ガット弦の特性を持ったナイロン弦という事ですが、私はガット弦を知らないのでピンときません。これは発売直後にかなり流行った記憶がありまして、巷では色の白さから「ひやむぎ」と呼ばれていました。評判は良かった様に記憶しています。それで、私も当時に買ってみた訳ですね。
この弦はクリアーナイロンと比べると押弦時の感触は硬いのですが、張った後に巻き上げると結構伸びます。特に1、4弦ですが、他のナイロン弦の感覚で長さを決めて巻き上げると、いつの間にかペグポスト一杯に巻き付けられています。もしかしたら私のやり方が変なだけかもしれませんが。

10Feb07-2.jpg
エボニーナットにM600弦の組み合わせはマホに特有の金属音が緩和されたマイルドな音でしたが、その分パンチに欠けた印象があった事も否めなかったのです。そこで、ナイルガットが家にあるのを思い出したので張ってみる事にした訳です。ネット上でヴィンテージ・マーチンに張られているのを散見する事もあり、マホと相性が良いのだろうと踏んだのであります。
で、張替えての印象。 んー、良いと思います。(煮え切らない表現?)
角の取れた音質のまま、音量が増大した感じです。色が白いので演奏時に確認し易いのもポイントでしょうか。まあまあ、目論み通りと言えると思います。
ただ、やはり欠点もあります。音量が増したのは歓迎すべきですが、各弦それぞれが出しゃばっている印象が強いのです。コードストロークでそれが顕著になりますが、ソロ弾きでは艶やかに聞こえますので、まあ弾き方次第なんでしょうか。先述と矛盾しますが、色の白さが際立つ為にルックスはあまり好きではありません。やたら太く見えます。

以上、聞く耳もテクも無い私がエラそうに述べてみましたが、ソプラノに限ってはコアロハよりS-O(ナット改)の方に相性が良い様です。
さて、次はフレットの角を丸めようかな・・・。
ちょっと、ね、痛いの。(オータサン風に呟いてみる)
posted by schuntama at 00:52| Comment(9) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

クレイジーGに狂ってみる

今日の起床は午後1時をまわってました。すんごい寝坊。
その理由は・・・。
夕べ製作の後、クレイジーGの練習にハマっていたのであります。
楽譜はもちろん、NUAホームページのタブ。


全体の流れが掴めてくると、今度はウィークポイントが分かってきます。
まだまだスムースに弾けないけど、中でも一番苦手なところが11、12小節Gm。
ここは小指を最も伸ばさないといけないところなのであります。
で、下は問題の11小節の分解写真(笑)です。
それにしても汚い指だ・・・。

G-3.jpg
ここから・・・

G-1.jpg
一気に伸ばす!初級者の私には、ここはソプラノでさえ厳しい部分です。

G-2.jpg
ここも一瞬の気の弛みで指が弦から外れたりします。

G-3.jpg
ふう。

と、この辺りを重点的に練習していたら夜が明けてしまったという次第であります。
練習あるのみと言えど、指が動かない事甚だしい。でも、突然「おや?」と思うくらい小指が伸びる瞬間があったりします。こういう時って、すんごく嬉しくなりますな。頭の周りに、お花が一杯咲くの。(笑)やっぱり、練習って大事。


さて、大きな楽器で練習すると上達が早くなるという話を伺った事があります。
大きな楽器、ウチにあるじゃないですか。テナーが。
で、やってみました。

G-4.jpg
左手、つりまくり。

ああ、でも、すごく楽しい。今までも楽しかったけど、心境に変化があった所為でしょうか。楽しさが、また少し違うのです。やっぱりNUAで知り合えた方々のお陰でありましょう。NUA会員の皆さん、ありがとうございます。m(_"_)m

追伸:入会届けを投函しました。(^^)
ラベル:ウクレレ
posted by schuntama at 16:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

大脱走

07Mar07-1.jpg
今日はウクレレの製作も練習も無し。
久し振りの映画DVD、つい先ほど見終わったところです。
1963年製作なのでとっくの昔の映画ですけど、やっぱ凄いですよ、これ。
CGや派手な爆発シーンなんて全く無いけど、画面の前から動けませんでした。
所謂「名作映画」ですが、これがコンビニで¥1000で買えるのですよ。
なんか、俳優さん達に申し訳ないなあ・・・。

スティーブ・マックイーンは早世したから別として、チャールズ・ブロンソンとかジェームス・コバーンとか皆すごく若いのが逆に新鮮。史実に基づく脚本で、内容はとてもシンプル。自分はその昔にTV放映されたのを見ただけでしたけど、折角DVD化されているのだから今の若い人にこそ見て欲しいなと思いますよ。

「大脱走」でググれば沢山の解説があるので私はこれ以上何も申し上げませんが、ゲーム化されているのは知りませんでした。やはりオヤヂじゃのう・・・。
それにしても、マックイーンは世界一バイクが似合う俳優ですな!
posted by schuntama at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

クラシカルとかね

夕べは某製作家のDVDを観ながらそのまま寝てしまいました。
フと目覚めると、まだ朝4時前。
目は覚めても体の動きが中途半端なので、製作に入るのは危険です。
そこで、寝起きにウクレレをポロンと。


最近練習している狂Gは夜明けの住宅地には響きそうなので、これでいきます。

11Mar07-1.jpg

ご他聞に漏れず押し入れの肥やしになりかけていた教本。ジョン・キングの「The Classical Ukulele」であります。CD付のタブ譜。私はこの本の1、2曲目をつっかえながら弾くのがやっとですが、夜明けにポロポロ弾くとクラシカル気分がじわじわ出てきて非常に心地良いのです。これも継続練習して、きちんとレパにしたいな。

所謂クラシックの曲って、私は殆ど知りません。聞いてから「あ、これ知ってる」というのはいくつかありますけど、そんなレベル。自分で買ったCDはムソルグスキーとかマーラーとか、そのくらいでしょうか。ムソルグスキーにしたって、切っ掛けはエマーソン・レイク&パーマーの伝説的ライブ「展覧会の絵」だった訳で。(笑)ナットロッカーもカッコいいアレンジでしたなあ。で、オリジナルってどんなだろ、という逆の興味でクラシックのCDを買ったのです。

音楽だけでなく、実は楽器にも興味があります。クラシカル・ギターですね。鉄弦ギターはOO-15があれば満足なのですが、クラシカルはまだ未知の領域です。ウクレレと同じくナイロン弦で、ギターの豊かな響き。凄く艶やかで魅力的な音だと思います。演奏、製作の両面からもいつかは手を付けるつもりでいます。最近はスペイン製でもかなり廉価なギターがあるので、ふらっと買ってしまう危険が常に隣り合わせになっているのでありました。

と、まあ、この様に私とクラシカルは付かず離れずの距離で微妙な関係を保っているのです。広く浅くって、困ったもんです。
ラベル:ウクレレ ギター
posted by schuntama at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

汗。

16Mar07-3.jpg

私の額から、大粒の汗が滴り落ちております・・・。
ラベル:ウクレレ
posted by schuntama at 19:48| Comment(12) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

不覚にも

寝込んでしまいました。
インフルエンザではなく、ノロウィルス系?の症状です。
どうやら、幼稚園から頂戴したものと思われます。
やっとコンピューターに向かう元気が出てきましたが、
胃がやられているのでリカバリーには時間が掛かりそうな気配です。

こうして寝込んでいるとつい余計な事を考えてしまうのですが、
プロの、特に個人製作家の方って大変なのだろうな、と。
寝込んでしまったら、お客さんの為に造っているものを途中で止めねばなりません。
他に造ってくれる人がいる訳で無し。
作業時の無理な姿勢や有機溶剤による悪影響などが積もり積もると、
いつかそれが体に悲鳴を上げさせる事になります。
実際にそういった方々を見聞するので尚更思いを強くする訳です。

品質管理は当然大事ですけど、自分の健康管理が実は一番難しいのかなあ、なんて。
寝込みながら、プロフェッショナルに対し頭を下げるのでありました。
posted by schuntama at 04:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

投票へ

夜7時過ぎ、統一地方選挙の投票へ行ってまいりました。
バイクで投票所まで行くつもりだったのですが、ヘルメットを持った瞬間から雨。
早速「私の法則」が発動されました。仕方無いので、歩いて行きましたよ。

うーん、選挙って、やはり大切ですわ。
posted by schuntama at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

なんだかなあ・・・

折角頂いたコメントが、表示されません。
コメント数はカウントされていますけど、肝心のコメントが表示されない。
特に何も設定している訳ではないんですけど、嫌ですね、こういうの。

とりあえず管理画面では頂いたコメントを読む事は出来るので、投稿下さった方はご安心下さい。seesaaに代わりお詫び申し上げます。
m(_"_)m

この調子が続く様なら、また乗り換えか・・・? orz

19:35追記 一応、復旧した様です。
ラベル:ブログ情報
posted by schuntama at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

プラモデルですが

12Apr07-1.jpg 12Apr07-2.jpg
あのー、ウクレレとは全く関係無い話なのであります。
いやあ・・・ ガンプラですよ。職場の後輩がですね、勧めるんです。
「スゴい精密な出来なんですよ!是非作ってみて下さい!感動します!」って。w

で、職場の彼の机の上には1/144のドム(っていうロボットですね)が飾ってある訳です。手に取ってみると、確かに良く出来ている。小さいのに関節等の可動部分がとても多いのですね。ふうん、今時のプラモってスゴいんだなあ、なんて会話をしていたら、その魅力を滔々と力説されて「そこまで勧めるなら・・・」という事で購入と相成ったのであります。

ガンダムにはファンが多いので知ってる人には耳タコでしょうけど、このキットはMG(マスターグレード)というシリーズで(木材のグレードではない)妙に部品点数が多いのです。それだけ凝った造りになってるのですな。組んだら見えなくなる部分にまでディテールが表現されています。うへえ。樹脂素材が部品別に原料着色されているので基本的に塗装が要らないというのも売りです。しかし、やはり塗らないと満足出来ない様にもなっています。

ハッキリ言って私はガンダム・ファンではありませんのでストーリーなんかも全然知りません。所謂ファースト・ガンダムがTV放映された時は少年でしたけど、自分のロボット・ヒーローは飽くまでもマジンガーZでありゲッターロボなのであります。
只例外的に、今回買ったロボット(ズゴックと呼ぶそうですよ)だけはそのデザイン性の高さから好きだったワケです。それが精密に再現されてあちこちリアルに動くのであれば、当然の様に食指が動くというもので・・・って、後輩と同じじゃん。

プラモデル作るのって、10年振りかも。
でも、手を付けるのはウクレレが出来上がってからにします。
posted by schuntama at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

左手の憂鬱

製作の後、1時間半ほどウクレレの練習をしておりました。
今日はテナーでゆったりと。
フレット間隔もゆったりしているので、指が拡げられて痛い、痛い。
いや、それはいいのですが、前から気になっていたところが更に気になり出しました。

17Apr07-5.jpg

フレットの角が尖っていて、運指途中で引っ掛かるのですね。これは本当に痛いし、何より下手な演奏が更に酷い事になってしまうのであります。本来こういうのは我慢するものではなく、さっさと直すべき事ですな。ヤスリを持ってるんだし。

もうひとつ気になるのは、サドル側の弦高が少し高いのではないかと。テナーにサヴァレスなんでテンションがきついのは当たり前なんですけど、ハイポジでの押弦時に指板までの「距離」を感じてしまうのです。測ってみたら12Fでの弦高が3mmありました。テナーはこの1本しか知らないのですが、これくらいが普通なんでしょうか?

とりあえず、時間を見つけて(あるのか?)フレットのバリは落としたいと思います。どうせ弦を外すので、ついでにサドルが外せそうかチェックしてみて、出来そうだったらサドルを作り直して12Fの弦高を2.5mmに下げようと思います。でもカマカのサドルは外すのが大変らしいので、これについてはまだ何とも言えませんな。

っつーか、おめ、先にソプラノで基礎をやっつけろよ。
という声が聞こえた様な気がしたのは、もうすぐ午前3時でいい加減頭が朦朧としているからなんでしょうね。うん、きっとそうだな。
ラベル:カマカ
posted by schuntama at 03:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

ウクレレでメタボリック

ウクレレを作る様になってから、夜食を摂る事が増えました。
要するに夜更かしが原因なのですが、空腹のサイクルを考えると無理からぬ話です。

私の夜食は主にカップ麺です。お気に入りは「一平ちゃんの焼きそば」。
しかし、これは胃がもたれます。寝る前にそんな状態にするのは良い訳ありません。
そこで、こんなモノを・・・。

18Apr07-5.jpg 18Apr07-7.jpg
「チキンラーメンmini」であります。シール付なのが嬉し・・・くないかな、あまり。
どんぶりセットを購入しました。ノーマル版は熱湯3分ですが、miniは2分。
このサイズなら胃がもたれる事も無いでありましょう。

18Apr07-8.jpg
夜食には早いですが、早速頂きます。ちなみに箸はエボニー製。(笑)
ずるずるずる・・・   ありゃ、もう食べ終わってしまいました。
これでは2杯、3杯と食べてしまいそうです。しかしそれでは意味が無いのであります。
何か他に、こってり油ギッシュでヘルシーな食べ物って無いものでしょうか・・・。

18Apr07-6.jpg
ノーマル版もどんぶりセットで持っていたりします。
ラベル:ウクレレ
posted by schuntama at 20:06| Comment(12) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

再び、カーレレ

21Apr07-4.jpg
また病院の駐車場でウクレレ。
今回はムスコの検査の待ち時間にS-Oを引っ張り出しました。
やっぱりカーレレはリラックス出来る後部座席がよろしい様で。
ちなみにムスコはアレルギー反応と血液型の検査をしたのですが、結果は後日。
絶対、B型だな。
ラベル:ウクレレ
posted by schuntama at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

PIDGIN TO DA MAX

05May07-1.jpg

久々にアマゾンで本を注文したのですが、今日帰宅したら届いてました。
PIDGIN TO DA MAX 25th Anniversary Edition であります。
これはハワイのピジンを解説した辞書みたいな本で、単に読んでいるだけでもハワイアン・カルチャーの一端に触れた気分になれます。しかもマンガ入りで面白可笑しく解説されているので、当然、楽しさTO DA MAX!
本当はネットでハワイアン・スラングを調べるだけだったのですが、この本の存在を知って「これ買った方がオモシロそう」という事で買ってみたのであります。

やっぱり、たまには本を読まないと。(笑)
ラベル:ハワイ
posted by schuntama at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

業務連絡 1

ご訪問下さった皆様、すみません。今回は殆ど私信であります。

17May07-1.jpg
えーと、例のブツ、進めておりますよ。
2号機は潰して、3人分まとめて同じコアからトリムを作る事にしました。
だんご三兄弟。

17May07-2.jpg
こういうアクセサリーぽい物の作業も楽しいですな。
端材で何か作ってみようかな・・・。

17May07-3.jpg
オイルフィニッシュしておきましたよ。
ラベル:工具・道具
posted by schuntama at 01:02| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

業務連絡 2

すみません、今日も私信です・・・。

ご希望頂いたフラガール・シェイカー、出荷準備が整いました。
動作確認を行なってから梱包してあります。
今度の例会にハンド・キャリーでお届けいたします。

18May07-1.jpg
精密機械(笑)ですから、厳重にパッキングします。
この容器はフード・コンテナですので、キッチンに転用する事が出来ます。
プチプチ及び緩衝材はLMIの物なのでプロ仕様(笑)です。
この緩衝材は水に溶けますので、ご家庭のゴミ減量にも一役買います。

18May07-2.jpg
ちょっとばかり容器が大きめなのがお持ち帰り時にお手間を取らせるかもしれません。
念の為、地味な色のビニール・バッグをご用意させて頂きました。
これも大きめなので(笑)、例会でお買い求めになるであろうshu-sanのニュー・アルバムも50枚くらいなら余裕で入ります。
更にスーパーへお買い物に行く際、ショッピング・バッグに転用する事が出来ます。
ちなみに、コンテナとバッグはIKEA製なので割と丈夫です。

それでは、例会までしばしお待ちを。
ラベル:工具・道具
posted by schuntama at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

業務連絡 3

えー・・・ 私信です。

19May07-1.jpg
フラガール・シェイカー、追加分を製作いたしました。
なんと2つ作れましたよ。良かった。

19May07-2.jpg
試しにホンジュラス・マホガニーのトリムも作ってみました。
サンプルとして一応持参いたします。
ひとつしかありませんけど、お気に召しましたらその場で貼り付けましょうか。
ラベル:工具・道具
posted by schuntama at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ヘッドにマスコット

ウクレレのヘッドにレイとか小さなぬいぐるみとか、立体的な飾りを付けている方が結構いらっしゃいます。携帯電話のストラップ同様、皆さん個性的で見ていて楽しいですね。

23May07-1.jpg


クラプトンはストラトのヘッドに吸っている途中のタバコを挟みますが、私はこれでいくことにしました。これは、まだ誰もやってない筈です。ちなみに、タバコは喫煙所で吸います。

追記:これが本当のブックマッチ・・・てか。
ラベル:NUA ウクレレ
posted by schuntama at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

お知らせです

24May07-1.jpg

弊ブログをご訪問の皆様、いつも読んで下さいましてありがとうございます。
さて私儀、この度これまで以上にウクレレ製作に没入する事となりました。

過去の製作本数は少ないですが、諸先輩方の知恵を頂きつつ、とにかく手を動かして足りない頭を絞って自分なりのノウハウを蓄積してきたつもりです。そして、例の8号機でひとまず私が考えるウクレレの方向性が少なからず見えてきました。この機を捉え、更に確固たる物とする為にもっと深くウクレレと向き合う事を決心したのです。

とはいえ私の実態は妻子あるサラリーマンですので、1日あたりの製作時間はこれまでとあまり変わりません。そこで、ブログに費やす時間を減らして製作時間を少しでも増やす事にしました。今まで極力リアルタイムに近い製作の状況をご覧頂く為に製作日記みたいなスタイルで書いてきましたが、これからは時々、今何を作っているのかをチラッとご覧頂けるくらいにしたいと考えています。
ま、ブログを止める事は考えていませんし、時にはスットコな記事もアップすると思いますので、これまで同様に皆様に覗いて頂けたらとても嬉しく思います。
ちなみに、上の写真はブラン・ニューのソプラノのモールド製作の模様です。

24May07-2.jpg
という事で、これからは更なる向上を目指して行きます。
心境新たなスタートのBGMは、shu-sanのニューCDで飾らせて頂きます。
ウクレレ1本だけで多重録音無し(!)というこの「UKULELE SMILE U」、凄いですよ。
是非、沢山の方に聴いて欲しい1枚です。


それでは、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
ラベル:ウクレレ
posted by schuntama at 02:50| Comment(7) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ショックであります

注:ライブ中継でありますが、只今、ビエールがかなり入っております。それを前提でお読み下さい。

27May07-4.jpg
私は今、おじさんというのは、とても傷付き易い生き物であるというのを実感したところです。

実は、ムスコの登校班にブログ全国4位のアクセス数を誇る子がいるのですね。
こりゃすごい。その子に我がブログを見てもらって意見を頂戴したのです。
そのご意見は・・・

「つまんない」

・・・。
どうもありがとうね。とても参考に・・・  っつーか、効いたなあ・・・。

やっぱり子供には敵わないすよ。マジすげえです。
ラベル:ブログ情報
posted by schuntama at 19:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ウクレレ快読本

02Jun07-7.jpg

ハワイアン音楽界でその名を広く知られるMATTさんこと小林正巳さん。
そのMATTさんが7月上旬に「ウクレレ快読本」を上梓されます。

ウクレレに関する豊富な内容の読み物に留まらず、なんとMATTさん、shu-san、カマテツさんの演奏によるワークショップ動画が収録されたCD付きであります。
興味を持たれた方は、是非MATTさんのサイトへ訪れて内容の詳細を確認されたく存じます。
こちらです → MATTのひとりごと

ページ数の関係から若干の内容が次の機会に譲られるそうですが、こうした本には滅多にお目にかかれません。読んでも弾いても楽しめる、こういう本が出るのを待ち望んでおりました。
ラベル:NUA ウクレレ
posted by schuntama at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。