2007年06月05日

あ、マンドリン。

現在の製作状況は特にご覧頂ける様なものはないので、ちょっと他の楽器の話でも。

カミさんとムスコに家族サービスを強要された私は、先週の土曜日にディズニー・シーという場所へ初めて行ってまいりました。入場してすぐにゴンドラ(ヴェニスの、あれですね)に乗ってみたのですが、ゴンドラ乗り場の周囲はヴェニスの町並みを模した(多分)建物がありまして、その一角のショーウィンドウの様なところにマンドリンとヴァイオリンがディスプレイしてあるのを発見したのです。ヴァイオリンはよく分からないのですが、少なくともマンドリンは「なんちゃって」ではない様です。

05Jun07-1.jpg 05Jun07-2.jpg
これはイタリア製らしきマンドリン。シェルのインレイが典雅な雰囲気です。指板がゴージャスですな。とにかくカッコいい。これだけインレイがバリバリなのに嫌みに感じないのは気のせいでしょうか。ラベルには手書きで「1940」とありました。

05Jun07-3.jpg 05Jun07-4.jpg
こちらはチェコ製の様です。派手さはありませんが、ピックガードの図柄がセンス良いなあ、と。全体から細部に至るまで、こうした意匠のバランス感覚が勉強になります。

ディズニーランドもシーも、気を付けて観察すると結構な数の弦楽器がディスプレイや小道具に使われています。特にイッツ・ア・スモール・ワールドに入ると楽しめますね。あそこにはウクレレもありました。今度行ったら写真撮ろうかな。ディズニーランドでウクレレ・ハント。あれはどこのウクレレだ!?なんて。(笑)
ラベル:その他の楽器
posted by schuntama at 03:45| Comment(6) | TrackBack(1) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、ちゃんとパパしてますね〜♪
それにしても、小型でフレットがある弦楽器にところかまわずついつい目が行っちゃうのは同じですな。(笑)
Posted by yonaka at 2007年06月05日 09:20
このマンドリンはカミさんとムスコがトイレに行った隙に観察しまくった物です。
はぐれてしまって、怒られちゃいましたよ。
「ほらほら、マンドリンだ。ヴィンテージだぞ。」
「ったく何言ってんのこのヒトは!」(という目)
Posted by schuntama at 2007年06月05日 12:18
こんばんは、schuntamaさん。
スモール・ワールドにありますね<ウクレレ

恐ろしいのが「ポリネシアン・レストラン」のディナーショー。以前、ショーを見ていたら突然、手を引っ張られタヒチアンダンスを強要されました。(子供とミッキー&ミニーとのフラ共演もアリ)

お昼はリロ&スティッチがテーブルを回ってくれます。
夏はTDRがハワイ化してますねぇ。
Posted by まも at 2007年06月06日 01:41
ぬぬぬっ、リロ&スティッチがテーブルに!
いい!いいですね、それ!(息荒)
でも、ひょっとしてスティッチが妙にでかかったりしませんか?(恐)
スモール・ワールドのウクレレ、意外にまともな物があった様な気がします。
もしかしたらケイキがあったりするかも。
Posted by schuntama at 2007年06月06日 02:00
はい、デカイです。(汗)<スティッチ
リロも顔がデカイ。

けっこー怖いモノがあります。
Posted by まも at 2007年06月08日 01:39
やっぱり・・・。
小さいキャラクターをでっかくしちゃまずいぢゃないすか、ねえ。
かといって、実寸通りというのもある意味怖いかな・・・。
Posted by schuntama at 2007年06月08日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フラットマンドリン◎ARIA AM-200 Flat Man
Excerpt: フォーク、ロック、カントリー、ブルーグラスなどで頻繁に使われるA形フラットマンドリン。初心者にも扱い易く弾きやすいベーシックなデザインと、アコースティックアンサンブルになじみやすいオーソドックスなサウ..
Weblog: 弦楽器を極める
Tracked: 2007-08-12 11:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。