2007年01月07日

ペガサスのサイト

知る人ぞ知るハワイのウクレレ、ペガサス。
久し振りにHPを覗いたら「ネック・メーキング・チュートリアル」が公開されていました。
ペガサスが販売しているウクレレ・キットに含まれているネックを題材に、その作り方が紹介されています。

ペガサスはヘッドの両脇に「Wing」と呼ばれる延長素材を貼る方式で作られている様ですね。私はWing(Earとも呼ばれます)はまだ未経験ですが、この方式のメリットはスカーフジョイントの強度を上げる、ジョイントの継ぎ目が横から見えなくなる、ヘッド素材をネックと同じ幅で加工出来るので材の無駄が少ない、等があると解釈しております。但しヘッドプレートを貼らないと正面から継ぎ目がモロ見えになりますけど。Wing、私もそのうちやってみましょうかね。

他に、ネック・ジョイントのひとつであるスプライン・ジョイントの溝の切り方も紹介されています。テーブル・ソーを使ったやり方なので趣味でやるには大袈裟ですが、ジグ等は参考になりそうです。

他にも素晴らしい完成品の数々も紹介されていますので、訪れた事がない方は是非チェック!
難点は英語なので(当然か)私は辞書とにらめっこなのであります。

リンクはこちらです。→ Pegasus Guitars & Ukuleles
トップページ中程に「 new neck making tutorial」とありますので、そこから入れます。
ラベル:ウクレレ
posted by schuntama at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。