2007年01月05日

工具類「挟む・固定する」に追加

CLP1.jpgカテゴリー工具類の「挟む・固定する」に「カム・クランプ/カムレス・クランプ」を追加しました。クランプの代表的な存在にも拘らずこれまで紹介しておりませんでした。それぞれの違いについても軽く触れてあります。

いやあ、製作開始!なんてぶち上げたものの、早速諸々に行く手を阻まれてこりゃあズイマーだなあ・・・てな状況でしたが、せめてこういう所でお茶を濁し   あ、いや、3年前の私の様に色々と製作関連情報をお探しの方のお役に立てる様、稚拙ではありますが工具情報の充実を図ってみました。

「挟む・固定する」への直リンクはここをクリック

schuntama Ukuleleでは今年も、製作してみたい方や始めてみましたな方にとって何かひとつでもご参考いただけます様、貧相なボキャブラリを公開していきます。
作る楽しさをシェアしませう!

ラベル:工具・道具
posted by schuntama at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めて書き込みします。「ウクレレで音楽したい」のリンクから拝見させていただきました。 知人がキッドでウクレレを作っているのを見た事がありますが、何度もヤスリをかけたりととっても手間がかかっているように見えました。しかし、貴方の製作されているのは、始めから手作業で、びっくりしました。ボディー脇のカーブなどは狂いも無く型通りにリュウセンを描くのですか?とっても不思議でなりません。  今後も拝見させていただきたいと思います。よろしくおねがいします。
Posted by sweetbear at 2007年01月06日 12:01
sweetbearさん、はじめまして。ご覧いただきましてありがとうございます。

実は私も貴方の知人同様、キット製作から入門しました。3本目からゼロからの製作を始めた事になります。手作業は正直な話大変な労力を伴いますが、完成後はキット以上の満足感が得られます。それで深みにハマってしまった訳でありますが。

さて「狂いも無く型通りに・・・」というご質問に対する答えは、恥ずかしながら「No」です(泣) 全てが素人の手作業故、どうしても歪みが出てしまいます。しかし、型通りに仕上げるべく努力は続けております。この点を考えるにつけ、プロの職人さんというのは本当に凄い方なのだなと思う次第なのです。手工品が高価な訳ですよね。

現在製作中の楽器や、あんなウクレレこんなウクレレを作りたい!というプランだけは沢山あるのに時間的都合がつかずに空回りしているのが現状でありますが、必ず実現させたいと思います。
あ、何かご質問があったら何時でもコメント下さいね。何でも知ってる訳ではありませんが、ウクレレや製作に興味がある方々と情報を共有したいと考えております。

見辛いブログではありますが、こちらこそどうぞ宜しくお願いいたします。
Posted by schuntama at 2007年01月06日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。