2006年12月24日

Martin Backpacker Uke

BPU-1.jpg初めて買ったマーチンのウクレレです。同社のバックパッカー・シリーズの末っ子ですが、残念な事に現在は販売されていません。私が購入を決意した時には既に生産中止になっており、お茶の水界隈を捜し回っても見当たらなかったのです。ところが、ダメ元で覗いた地元の楽器店にヒマそうな面構えでぶら下がっていたのです。当然、即購入でした。で、このウクレレ。音は最初から期待していませんでした。だってそうでしょう、こんな形ですもん。では何故買ったのか。形に惚れたからなのです。こういう楽器を作るマーチンという会社が好きなのでもあります。
メキシコ製。製造年不明。

BPU-4.jpg BPU-5.jpg BPU-2.jpg BPU-3.jpg
バックパッカーを名乗るだけあってスリム、コンパクト。ネックの下が左右に分かれてそのまま横板となり、そこへトップ/バック/エンド各板を貼付けるというナルホドな構成で作られています。その為か、ネックがやたらと太いのです。ま、アウトドア仕様という事で。

BPU-7.jpg BPU-8.jpg BPU-6.jpg
ペグはグローバーのエコノミー・タイプの様ですが、長い間店頭でヒマだった為か黄色く変色しています。そして、バックパッカー・シリーズの特徴である独特のヒール形状。オールの様なボディもそうですが、このデザインは美術館級ではないかと本気で思うのです。

BPU-9.jpg BPU-10.jpg BPU-11.jpg
サウンドホール周囲に装飾はありませんが、マーチンのロゴが上に貼られています。中を覗くと、ここもシンプル。ライニングは無し、ブレースは「これでいいでしょ」って感じ。
フと思い付いて同じメキシコ・マーチンのS-Oと並べてみてビックリ。S-Oの方が小さい!

BPU-12.jpg BPU-13.jpg
バックパッカー・シリーズにはギグバッグが付いてきます。S-Oにも付いてきますが、
バッグはS-Oの方が大きい・・・。
一応、音の印象を記しておきます。一言で言うと、脱力系です。おもちゃの三味線(?)の様な感じです。でも、ツッコミを入れてはいけないと思います。そういう楽器です、これは。


2006-12-30 追記
ワース・ストリングスのフロロカーボン弦を張ってみました。
インプレッションについてはここをクリックしてください。
posted by schuntama at 02:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 買ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30155695
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[ウクレレ]漢のパイナポー
Excerpt: たった今、これを購入した。 ウクレレパイナポー 全身プラスチックのウクレレである。山に登ったときにウクレレで歌いたいなあと思っていたのだが、いかんせん普通のウクレレは木製だから雨風に弱い、ケースに入..
Weblog: ザ・きいてねぇし
Tracked: 2007-04-14 03:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。