2006年12月24日

オイルフィニッシュしてみる

Tru-Oil1.jpgラッカー、ウレタン、シェラック、水性クリアー・・・と、アコースティック楽器の塗装には色々な種類が存在しますが、数ある仕上げの中で一番簡単と言われるのがオイルフィニッシュです。オイルを塗って拭き取るだけ、ガンやブース等の道具や設備も必要無し。私はウクレレ4、5号機をオイルフィニッシュで仕上げました。確かに簡単で艶もそこそこ出せますし、何よりも木の質感を残せるのが魅力です。

作業自体は過去記事で書いていましたが具体的な方法はご紹介していませんでした。
大筋ではセオリー通りだと思いますけど、手法のひとつとしてご参照下さい。

● 必要な道具
OF1jpg.jpgまずはオイル。様々な種類が販売されていますが基本的に塗り方は大差無いと思います。ここではTru-Oilを使用します。そして、オイルを塗る時と拭き取る時のボロ布。洗いざらしのコットンTシャツが良いですね。今回は木地仕上げからの説明の為にフィラー、サンドペーパー、サンディング・ブロックを用意しました。即ち、オイルフィニッシュとして純粋に必要なのはオイルと布だけなのです。シンプルです。ちなみにテストピースはホンジュラス・マホガニーです。3号機コンサート製作の際、ベンディングに失敗した材なのであります。


● 材の表面を整える
OF2.jpgオイル塗布の前に材の表面をキレイにしなければなりません。サンディングをする訳なのですが、番手を飛ばさずに徐々に仕上げていきます。ここを怠ると綺麗にオイルを塗っても傷や凸凹は消えません。まずは100、180、240番の順でサンディングしました。表面はまだ荒いです。


OF3.jpg次は320、400、600番の順で削りました。
若干の艶が出てきました。






● 目止めする
OF4.jpgここで目止めをする事にしますが、これは必須ではありません。敢えて導管を残してワイルドな表現も出来ますし、お好みで良いと思います。但し、導管に詰まったオイルがテカテカと光って目立つ事もありますので、ご注意下さい。私はLMIの水溶性アクリル・フィラー、ローズウッド色を使っています。もちろんホームセンターの砥の粉でも十分だと思います。クレジットカードの様なプラスティック・カードで塗り込むのがやり易いそうですが、私はホームセンターの樹脂ベラでやっております。

OF5.jpg塗り込みは木目に対し直交する様に行ないます。ちょっとパサついてますね・・・。





OF6.jpgそんなこんなでまずそうなチョコレート・ケーキみたいになりました。出来るだけ均等に塗るのが望ましいのですが、曲面にヘラは難しいです・・・。で、このまま丸1日乾燥させておきました。ちなみにフィラーは色移りする事があります。メイプルやスプルース等、明るい色の材を組み合わせている場合は注意が必要です。濃色のフィラーを使う際はマスキングした方が無難でしょう。


● 再びサンディングする
OF7.jpgフィラーが乾いたらスクレーパーでこそぎ落とします。ペーパーでも良いけど目詰まりして大変です。木の表面に傷を付けない様にフィラーを落としたら、サンディングの再開です。また400番に戻って600、800番と研き、最終的に1000番まで研きました。今回は0000グレードのスティールウールは使っていませんが、木地表面には微細なケバ立ちがあるので処理した方が良いでしょう。とにかく傷や凹みは出来る限り無くした方が良い結果を得る事が出来ます。この写真ではフィラーの色が染みてカフェオレ色になっております。マホガニー感が強調されてますな。


● ヌルヌルとオイルを塗る塗る
OF8.jpgでは、オイルの塗布です。ボロ布は「塗布用」「拭き取り用」の2枚を用意しておきます。私は1回のコーティング毎に小さく切った布2枚を1セットとして使っています。




Tru-Oil2.jpgオイルを布に取ります。少量で良いのですが、この写真では気持ち多かった様です。





OF9.jpgそして、早めに塗ってしまいます。一度に塗るのはこのくらいの範囲が良い様です。木目に沿ってサーッ、サーッ、という感じで、手早く薄めに塗り拡げるとうまく行きます。塗ったらスグ、拭き取りを同じ様にサーッ、サーッ、という感じで行ないます。



OF10.jpg他の塗装でもそうですが、オイルを塗ると急に木の色が強調されて見えます。





OF11.jpg
ちょっと比較してみましょう。
写真の右から素地、塗布前、塗布後です。





● 塗り重ねてみる
OF12.jpgこれは塗布1回目。なんか、寂しい仕上がりです。スプルース等の表面版では1回でも良いかもしれませんが、少し艶出ししてみましょう。




OF13.jpg OF14.jpg
2回目ではどうでしょう。うん、艶が出ましたね。リフレクション・ガエルで艶の度合いを確認してみます。結構映り込んでますね。

OF15.jpgワタシ的にはこれで良いかな、と思うのですが、3回目行ってみます。ちょっと艶が増したかな、といった具合です。





OF16.jpgモノはついで、4回目に行ってみましょう。おお、かなりツヤツヤ感が出ました。これ以上はギラギラしそうなので、やめます。





OF17.jpg表面をクローズアップしてみましょう。
 ・・・何だか良く分かりませんな。

今回の作業ではオイル塗布毎に最低6時間のインターバルで乾燥時間を取りました。厳密には「乾燥」というより「硬化」かもしれません。


作業は以上でおしまいです。通常の塗装と比較すると、あっけないほど簡単です。所謂グロスフィニッシュの様な仕上がりではありませんが、オイルならではの木の質感を活かしたナチュラルな仕上がりが一番の魅力です。日にちが経つにつれて当初の艶は落ち着いてきますので、艶消しがお好みならば2コートほど塗布すれば充分でしょう。逆に艶が欲しければその都度塗り重ねれば良いのです。また、ネックの手触りの良さは特筆に値します。クリアー仕上げでは演奏時に指が引っ掛かる様な感触がありますが、オイルフィニッシュではスルスルと滑る様な感触が得られます。ジャカソロに良いかもしれませんね。

元記事との差異について
旧ブログに掲載していた元記事では艶を落とす作業も紹介していました。しかしながら、オイル塗布後半年以上が経過した4、5号機の表面状態を観察すると大分艶が落ち着いている事が確認できました。従って、敢えて艶落としをする必要は無いと判断しましたので割愛させていただきました。
ラベル:工具・道具
posted by schuntama at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。