2006年12月22日

挟む・固定する

主にクランプ類です。
● ゴーバー・デッキ
GO-BAR1.jpg GO-BAR2.jpg
ブレースの接着に使います。用途が限定されている割に、巨大です。とはいえ、スッカラカンのドンガラですけど。これの魅力はいっぺんに沢山のブレースを接着できる(クランプできる)ところなのであります。その構造はかなり原始的で、つっかえ棒をしならせてテンションで押さえるだけ。欠点は、とにかく場所を取る、これにつきますな・・・。私はこれをどうしても使ってみたくて作ったのでありますが、ギターを製作する上であった方が便利そうだなあ、というのも理由です。なので、OOOまでマウントできるサイズに作ってあります。

● スプール・クランプ
SPOOL1.jpg SPOOL2.jpg
弦楽器の横板に表板、裏板を接着する時に使います。実は、このクランプが「自作第1号」です。16本作りました。材料は全てホームセンターで調達できました。ラミン材の丸棒、ネジ類だけです。ウクレレを製作するにあたり、是非ともこれは欲しい工具でした。しかし買うのもアレだな・・・と思っていたら、図面を公開してくださっているサイトがあったのです。
アコースティック弦楽器の製作、修理をされている三野勉稔さんのサイト、THIRD FIELDです。三野さん、ありがとうございます!

● カム・クランプ/カムレス・クランプ
CLP1.jpg CLP2.jpg CLP3.jpg
私が使う道具の中で最も出番が多いのがこのクランプかもしれません。写真左の右側がカム・クランプ。レバーを梃子の様に持ち上げて締め付けます。同・左側がカムレス・クランプ。名前の通りカムがありません。スクリューを捩じ込んで締め付けます。どちらも用途は同じですけど、固定の状況によってクランプが密集する様な場合にその違いが現れます。写真中央をご覧下さい。カム・クランプではレバーが林立する為にレバー同士、もしくはレバーがジグ等に干渉する可能性が高いのです。そこで写真右をご覧下さい。カムレス・クランプではその様な事がありません。とてもスッキリ。これに救われた事も何度かあります。一方、締め付けのスピードではカム式が断然有利です。カムレスでは捩じ込みに時間を取られます。一度に締めるクランプの本数が増える程その差は歴然とします。それぞれ一長一短ですが、私はコレ無しでは製作出来ない体になってしまいました。
ラベル:工具・道具
posted by schuntama at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。