2006年11月29日

1号機 ソプラノ

WA-1.jpg全音キットを2本作った後、ゼロからの製作に挑戦してみました。フルスクラッチ1号機です。ホームセンターに売っていたホワイトアッシュを鋸でギコギコと薄板におろし、鉋掛けしてボディ材にしたのですが、その作業だけで燃え尽きるところでした。当時はドライバドリル以外に電動工具を持っていなかったので仕方無かったのですが、あんな事は二度としたくありません。(でもその後何度かやってたりしてます)木材について殆ど無知な私がホワイトアッシュを選んだ理由ですが、当時T'sギターズ製オーダーウクレレでホワイトアッシュのパイナップルというのがありました。まいたけさんのですね。ウェブでその写真を見て、「これはスゴい!」と思った訳です。で、ホワイトアッシュの8の字ボディはまだ存在しない筈という思い込みもあり製作候補に上げていたところ、間もなくホームセンターでホワイトアッシュ材を発見したのです。だから、多分、そういう運命だったのです。 この材はド素人の私にも簡単に曲げられる程粘りがあって、加工性も良好でした。板目で導管が太い材だったので仕上げには手間取りましたが、完成した時の感動は全音キットの比ではありませんでした。音にはあまり期待してませんでしたが、それが意外と澄んだ音がするので余計に感動した訳です。そうなると、もう止められなくなるのですね。製作道にズブズブです。 2004年7月完成。


WA-3.jpg WA-2.jpg WA-4.jpg
このボディシェイプ、どこかで見た事が・・・ はい、HF-1Dをトレースさせていただきました。ロゼッタ、指板、ブリッジは全音2号と同じくホームセンター黒檀を使用しました。フィニッシュはStew-Macのカラートーン水性クリアです。

WA-7.jpg WA-6.jpg WA-5.jpg
ネックもホワイトアッシュ。ヒールは3層接着ですけど板目なので継ぎ目が目立ちません。本当は柾目がベストですけど、ホームセンター材にそんな贅沢は望めません。 ペグはグローバー、ナットとサドルはお茶の水の牛骨です。

WA-9.jpg WA-8.jpg WA-10.jpg
カーフド・ライニングもホームセンター材。よく桧工作材の三角棒が売ってますよね。あれに鋸で挽き目を入れただけです。 バックのサインは、ブルース・シマブクロ。キワヤで行なわれたワークショップに参加した時に書いてもらいました。サインの上にクリアコートして擦れ対策をしてあります。

Bruce.jpg ブルース・シマブクロさんです。私もパーツで写っています。
posted by schuntama at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃましま〜すv。
こちらにもお邪魔させていただきました^^.

ホワイトアッシュ?・・・って木の素材?
綺麗な色・・・白っぽい色のウクレレとでも言いましょうか・・・。(ゴメンナサイ、いつもとんちんかんなコメントで^^;)

これからも宜しくです!


Posted by itaita at 2006年11月29日 21:51
いらっしゃいませ。一番乗りですね!

ホワイトアッシュというのは木の名前なんです。
日本でいうタモという木の仲間です。
野球のバットに使われていると聞けば、ピンと来るかと思います。

こちらこそ宜しくです!
Posted by schuntama at 2006年11月30日 03:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。