2006年11月28日

Kamaka HF-1D

HF1D-1.jpgコアロハを買って色々と分かってくると次はカマカに行きたくなります。それが人情というものではないでしょうか。で、スタンダード・デラックスです。本当はオータサン・モデルが欲しかったのですが、高額なのと在庫切れだった事を言い訳にソプラノにしたのです。でも充分高額ですよコレ。お気に入りだった機械式腕時計を売り払ってまで資金を捻出して購入したのです。果たしてその価値は・・・ありました。コアのグレードやロープ柄パーフリングといった美しさもさる事ながら、その神髄は当然サウンドにあります。コアボディのソプラノといっても、コアロハとはキャラクターが全く違います。コアロハの音がカラッとしてポン!ポン!だとすると、このウクレレはシットリしてコシがある、というか。で、撥弦後のホワワワ〜ン・・・と韻を踏んだ感じが何ともハワイ!なのです。 抽象的な説明でスミマセン。 とにかくこの音、好きですよ。音作りにノウハウが詰まってるんでしょうねえ・・・。

HF1D-4.jpg HF1D-3.jpg HF1D-2.jpg
名前の通り、デラックスなコアが使われています。チャウチャウの顔のシワの様な杢です。そこへロープ柄の伝統的な意匠が老舗の雰囲気を盛り上げています。カマカは全体的にカッチリと作られている印象がありまして、レギュラーモデルのプレーンな仕上がりも非常に魅力的です。

HF1D-7.jpg HF1D-6.jpg HF1D-5.jpg
ネック材はマホガニーです。ヒール周辺を観察しているとマーチンのギターを連想します。これはCNC切削ですね。対して先稿のコアロハでは手作業で削られた痕跡があります。ネックの味わいはコアロハに軍配を上げたいと思います。ペグはこちらもシャーラー製ですね。ヘッドプレートの墨を流した様な色はバクテリアの侵蝕跡だと思われます。

HF1D-10.jpg HF1D-9.jpg HF1D-8.jpg

ブリッジと指板はエボニーです。どちらもMOPがインレイされています。で、指板ですが・・・。「向こうが透けて見える」という話を聞いた事はありませんか。ここに、ソレがありますよ。左端の写真を拡大してご覧下さい。12フレットの溝がとても深く切ってあります。「ハワイ製ウクレレは仕上げがラフ」というのは半ば常識にもなっていますが、デラックスモデルでもこういった部分があるのです。しかし、ラフだからといって音が悪い訳ではないから不思議です。逆に、このラフさが「あのサウンド」を醸しているのでは?という非常に危険な考えを持ってしまったりするのです。
2003年8月27日製造

Reyn Spooner.jpg3号機を差し上げたKさんよりお礼としてレイン・スプーナーとカマカのコラボシャツをいただきました。とても素晴らしいシャツです。 2006-12-09 追記
ラベル:ウクレレ カマカ
posted by schuntama at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 買ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ウクレレ、seesaaのよしみでコメントします。カマカカスタムのスタンダードとコンサートを持っています。でも、この二本弾きません。宝の持ちぐされです。だからと言って、売りにも出しません。なんか、持っていたい気にさせます。いつも練習は、もっぱら茶位さんのコンサートです。指に馴染んでしまい、他が使えなくなりました。音の伸びがいいです。ギターっぽい感じです。ですから、ウクレレのカラットした、またはコロコロした音ではありません。他のウクレレに目がいくのですが、弾きやすさでは、茶位さんを超えるものが見つかりません。では、また、よろしくお願いします。
Posted by ウクレレ新潟 at 2006年12月01日 20:46
はじめまして。
カマカについてのご意見、激しく同意いたします。
たとえ弾けない体になろうとも、持ち続けていたい。そう思わせるウクレレですね。
ところで、茶位さんのウクレレとはかなり相性が良い様ですね。
そういう1本に巡り会えるのは素晴らしいと思います。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Posted by schuntama at 2006年12月01日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。