2006年11月28日

KoAloha KS-00

KS00-1.jpg人生初のウクレレが、これです。ハワイから通販で購入しました。このウクレレの第一印象は「小さい・軽い・音でかい」です。私はコレに一発でやられてしまいました。その後はもう、ウクレレにズブズブです。しかしそのシンプルな構造故、「ひょっとして自分でも作れるんじゃないか」なんて考えたのが過ちではあったのですが。演奏よりも製作に多くの時間を費やす様になってしまったのも、このコアロハが原因と言えましょう。肝心の音はというと、とにかく明るくてラウド。よく「カラッとした」という表現がありますね。まさに、それ。 2003年製造。



KS00-4.jpg KS00-3.jpg KS00-2.jpg
コアロハは各部に独自の意匠が見られます。「Musubi」サウンドホール、ギザギザヘッド等ですが、その最たるものは「Uni-blade」という口の字型のブレースでしょう。箱の中には上下ブロックとこのパーツ以外には何もありません。ライニングすらもありません。でも、しっかり出来てるのです。不思議です。

KS00-7.jpg KS00-6.jpg KS00-5.jpg
トップ、バックが1枚板というのも贅沢かもしれません。ブックマッチする手間要らずという利点もあります。サイドに至ってはグルッと一周が1枚板です。スゴいなあ。 ペグはシャーラーの様です。ボタンにCIをプリントするというアイディアもなかなかだと思います。 品番がKS-00という事でお気付きの方もいらっしゃると思いますが、このネックはコアです。現在はマホガニーネックなのでKSM-00となっています。

KS00-10.jpg KS00-8.jpg KS00-9.jpg
このヒールの造形。キてます。スパニッシュ・ギターの次にカッコいいと思っています。そして、ヘッドのギザギザが指板先端にも反復されています。現在のラインナップにあるスーパーコンサートやテナーではブリッジまでもギザついています。そこまで行くと、個人的にはやり過ぎな感じがしますけど。で、ソプラノは普通の形状・・・と思いきや、両脇の白いドット。この中にはブリッジ固定ネジが隠れているそうです。 生産効率とユーザーへのサービス精神の両立。やはりタダモノではないですな、アルヴィンさんて方は。
posted by schuntama at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。