2006年11月26日

全音キット1号

Z1-1.jpgこれが、初めて自作したウクレレであります。2003年12月に完成。自作ウクレレの登竜門的な「全音キット」ですが、ブリッジ、サドル、ナットは自作品です。ボディの角を丸めたあたりは、これも初めて買ったウクレレであるコアロハの影響です。ボディは柿渋着色にラッカースプレー仕上げ。ネックはカシューです。大した知識も無いまま(今もですが)とにかく作ってみました仕様ですけども、柿渋にラッカー仕上げは日光が当たるとなかなか綺麗でありました。それ以外は特筆する部分も無く、作りにおける反面教師として作業部屋にぶら下げてあります。(当時としては一応頑張って作ったつもりですけど)製作後3年近く経過した現在、割といい音がする様になりました。乾燥が進んだ所為でしょうね。でも、すごく音痴。


Z1-3.jpg Z1-2.jpg Z1-4.jpg
しかし、今見るとスゴいネックであります。テーパード・グリップ。

Z1-8.jpg Z1-7.jpg Z1-6.jpg
見て下さいよ、この弦高。12Fで5mmくらいありますよ。スゴいなあ・・・。
全音の指板材はパドックですが、この赤みはクセがあります。私はここにも柿渋を塗ってみましたが、今ひとつ効果は感じられず。むしろ経年変化でくすんだ色になった方が味がありそうです。ポジション・ドットは真鍮の丸棒を埋めてみました。今思うと、これも不思議な事をしたもんです。

Z1-9.jpg Z1-10.jpg Z1-5.jpg
見て下さいよ、このサドル高。すんごい出っ歯。ホント、スゴいなあ・・・。
ブリッジ素材はホームセンターの紫檀。ナットとサドルもホームセンターの黒檀です。
ペグはキットのまま。ハッキリ言って安物なので、操作感は良くありません。
ラベル:全音キット
posted by schuntama at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。