2008年09月25日

NUA 工作講座 '08

9月23日祝日、NUA工作講座が開講されました。
MATT小林さんプロデュースによる本講座、お題は4弦ポータブル・スチールギターの製作!
私は見学参加させて頂くために、遅れて夕方に会場へ到着しました。


23Sep08-4.jpg 23Sep08-5.jpg 23Sep08-7.jpg

いつもの美術室へ入ると・・・、 おお、やってます、作ってます。これは楽しそうです。


23Sep08-6.jpg

ピックアップのコイル巻きまでやるという本格派。カッコいいですね。


23Sep08-8.jpg

苦労の甲斐あって、完成!の図。ポータブルだけどこれだけ揃うと壮観です。


23Sep08-9.jpg

ボディにアルミのチャンネル材、スチール弦のナット/サドルには戸車(滑車)を使うというナイス・アイディア。スチールはフレットが必要ないので指板がプリントで済むのも工作向きといえるでしょう。膝に乗せると両大腿の間にペグが収まるという・・・、MATTさん、これも計算づくですか?? クールですねー!

完成品の音は紛れも無いスチールギターの音でした。超ワイアーン!なサウンド。
ウクレレ並みに小さくて幅はネックと同じなのに、これは凄いです。
そして、本格的なのに工作に不慣れな人でも完成出来る内容をセッティングしたMATTさん。
凄過ぎですよ!


23Sep08-10.jpg 23Sep08-11.jpg

この日、会場で発見した「欲しいシャツ」2枚。


23Sep08-12.jpg

いやあ、楽しかったです。MATTさん、参加の皆さん、お疲れ様でした!



余談ですが、

23Sep08-1.jpg 23Sep08-3.jpg

アルミボディのスチールギターに敬意を表して、アルミの乗り物で会場まで駆付けました。
いつもと違う方向から望む東大島駅は、なんだかとても新鮮。


これも余談ですが、

23Sep08-2.jpg

文化センターの喫煙所ってこんなに遠くへ行ってしまったんですね・・・。
タグ:NUA ウクレレ
posted by schuntama at 22:13| Comment(15) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
工作教室、できれば私も見学させて戴きたかったのですが、農作業やなにやらで行けませんでした。お彼岸だというのに、親の墓参りにも行かずじまいです。罰当たりですね。

スチールギターというのは、触ったこともないのですが、ピックアップのコイルまで自作とはすごいですね。ぜひ見たかったなぁ。残念!!

BD-1は、サドルをオリジナルのVELOから変えてあるんですかね? 
Posted by 慢房 at 2008年09月26日 13:09
今回はつくづく縦型旋盤(早い話がボール盤)もしくはドリルスタンドが欲しいと思いました。それさえあればピンバイスから始まって3〜4段階で穴を広げたうえに穴位置がズレるなどという手間と誤差が省けたと思います。

2ミリのドリル刃だけでも3本折れました。本当は刃のセットも持って行ったのですが、セットから一本欠けてもイヤなので最後まで温存しておきました。

逆に「折れるだろう」と思って10枚近く替刃を買い込んだ金ノコの刃は1本もおれませんでした。
Posted by MATT at 2008年09月26日 16:56
慢房さん せっかくお申し込みいただいたのですが「次点」で申し訳なく思います。
でも実際には当日ご家族が事故に急遽欠席された「当選者」がおられたので、もし見学にでもお越しいただいていましたら繰り上がったところでした。
実際には応援者(こちらの人数の方が多かったのです・・・笑・・・)のお一人が肩代わりされましたが。
Posted by MATT at 2008年09月26日 17:23
慢房さん
この講座はなかなか「見応え聴き応え」のある内容でした。
今回は残念でしたけども、NUAある限り工作講座はまだ続きます。(の、筈です。)
次回はきまさんの「ウクレレ撮影ブースの製作」・・・
・・・だったらいいなあ。汗。

ところで、BD-1のサドルは純正です。横に小さく「BD-1」とプリントされています。
ブルックスとか座ってみたいのですけどね、高価ですね、アレは。
Posted by schun玉 at 2008年09月26日 19:29
MATTさん
本当にお疲れ様でした!!
製作した方々にはお宝の、素敵な講座でした。
(わたしにもお裾分け下さいまして、Many mahalo です!)

金属加工にはボール盤と万力があると便利ですものね。
文化センター美術室の備品として稟議が通れば素晴らしいのですが、
・・・で、誰が通すのでしょうか。 汗。
Posted by schun玉 at 2008年09月26日 19:37
schun玉さん

>きまさんの「ウクレレ撮影ブースの製作」

いいですねー、ぜひ運営委員のきまさんにお願いしましょう。

私も小物はリングライトとマクロレンズで「影なし撮影」を実現しているのですが、ウクレレは大きすぎてどうしても影が出てしまいます。
以前これまたプロカメラマン(NUAには逸材が多いのです)のコバさんに私の愛器を撮影していただきましたが、まったくの影なしでした。(ウクレレ快読本P50の「お宝コアロハ」)
Posted by MATT at 2008年09月26日 20:07
MATTさん
できれば一緒にウクレレ塗装ブースもやって頂けると嬉しいのですが。
・・・なんて、委員会を紛糾させる様な事を書いていいんかい。汗。
いや、ワタクシが弾劾決議を出されてお終い・・・、大汗。

しかしやってみると分かりますが、ウクレレ撮影は意外と難しいですね。
直面と二次曲面は光の逃がし方をどうしたものやら、です。
Posted by schun玉 at 2008年09月26日 20:36
ウクレレもそうですが、LPジャケットの撮影も結構大変です。CDジャケットのようにA4判スキャナーには入りきらないのです。(もっともA3判でもダメなのですが)

カメラがLPジャケット中心線上に位置してしかもジャケットの面と平行でないと四隅が直角になりませんので。
Posted by MATT at 2008年09月26日 21:58
MATTさん
言われてみれば確かにLPジャケットは辛そうですね。
四角い物はアオリを入れないと・・・、うーーむ。
きまさんのブースにはこのあたりに対応した機能を入れて頂きましょう。

いっそ、この世のレンズが魚眼しか無かったなら、
全ての苦しみから開放されたかもしれません。
・・・意味不明。
Posted by schun玉 at 2008年09月27日 05:41
「うくれれ快読本」53ページのLPジャケットは当初画面のひずみが少ないマクロレンズで撮影したのですが、どうしても満足のいく正方形にならなかったのでA4判スキャナーで4分割スキャンをしてからつなぎ合わせる、という作業で完成させました。

つなぎあわせるにはそれぞれの画面の傾きがわずかでも狂うとダメなので結構時間をかけましたが・・・・

マクロレンズに比べると普通の撮影レンズ、とくにズームレンズの画像ひずみは大きいですね。

もっとも愛用のコダック最後の日本発売カメラV570は35ミリ判換算24ミリという広角にも関わらずカメラ内部に樽型ひずみの自動補正回路をもつおかげで、3枚つなぎ合わせによる180度パノラマ(カメラ内部で合成します)がひずみなく作成できるというスグレモノです。でもこんなカメラに興味をもつ人が少ないので日本市場から撤退してしまいました。

もちろん頭に豆腐を載せたカメラにも興味があるので間違いなく購入します。

ひところコダックとコニカからレンチキュラー方式によるステレオ使い捨てカメラが販売されていてラボでも対応していたので、私のもっていた「本格的?」ステレオカメラのフィルムからたくさんの3D写真を頼んでいたのですが、消えてしまったので残念に思っていたのです。
Posted by MATT at 2008年09月27日 10:00
MATTさん
ワイキキ・スイングス、アルヴァンさんのジャケットですね。
とても小さな写真なのに、その様な拘りが凝縮されていたとは!!
他にもテクニカル裏話が多数・・・いや、どこかの席でお訊きしたいですね〜♪

コダックのカメラ、かつては我が家にもありました。
ワンテンよりもレア・・・というか絶滅種のディスクフィルムです。
円筒形のパトローネではなくフロッピーを連想させる薄板状のフィルム。
円周状に配置されたフィルムは撮影枚数を稼ぐ為に1枚あたりの撮像面積が狭く設定され、
プリントは粒子荒々であらあら・・・なカメラでした。

3D写真はK子さんがプリントをお持ちでしたね。バンブーで拝見したことがあります。
頭上豆腐は、ぜひインプレッションをお願いいたします!!
Posted by schun玉 at 2008年09月27日 14:52
MATTさん、御丁寧なコメント恐れ入ります。MATTさんもSchun玉さんも、いろいろな方面に造詣が深いですねぇ・・。できるだけ例会等に参加して、いろいろ教えて戴きたいです。

依然、サイドの曲げに悪戦苦闘しております。自作のベンディングアイロンが強度不足なので、構造を変えて作り直しました。

アガチス材は、数時間水につけておくと、いくらか曲げやすくなるようです。いちおう、モールドに沿って曲げてみましたが、くびれのところにしわが寄ったりしています。いろいろやってみて、上手になりたいですねー。

Schun玉さんが教えてくださった杉材の代わりに、手元にあった桧のライニング材(3mm×10mm)をまげてみました。こちらは、気持ちよく曲りますね。

自分で作ろうとしてみると、ここはどうすんの??っていうところばっかりですね。それもまた楽しいですけど、Schun玉さん、教えてくださいね!!
Posted by 慢房j at 2008年09月28日 20:47
四角いモノを撮影するときはやはり気を遣いますね。
今はデジタルなので「一コマシャッターを切って調整して撮り直し」なんて出来ますが、
フィルムの時はそうも行きませんでしたから大変。
三脚の雲台とカメラの間に「マイクロアジャスター」なるモノを入れ、
三脚にセットしたカメラをアジャスターで1度前に出して画面いっぱいに被写体を入れます。
この状態で必要なら雲台をパーンして被写体の上下の縁をファインダーの上下にピッタリ合わせます。
つぎにマイクロ〜を左右に動かし雲台のティルト操作で左右の縁をファインダーの左右にそれぞれ合わせます。
そして、プリント時の枠切れを考慮し
マイクロアジャスターでカメラを後ろに下げ被写体をファインダーの中央へ。
こんな操作をして写していました。

分割して写した(読み込んだ)画像の合成は、今はフォトショップCS3が自動でやってくれるので、
その仕上がりを微妙に修正すれば大丈夫です。

デジタルになって便利になりました。

ディスクフィルムは今でもアメリカのコダックでは現像・焼き付けができるそうです。
凄く時間がかかりそうですね。
費用は…????です。
Posted by もりぞー at 2008年09月29日 18:58
慢房さん
レスが遅れましてご免なさい。

桧も杉と似てますから曲げやすそうですね。
たしか、私の自作ライニング第1号は桧で作った記憶があります。
曲げではなくて、カーフドですけど。

疑問のあれやこれやも造らないことには湧いてきませんものね。
私の「引き出し」はまだまだ浅くて数も少ないのですが、
分かる範囲でご協力させて頂きますよ!
Posted by schun玉 at 2008年10月01日 17:37
もりぞーさん
レスが遅れましてご免なさい。

いや細かな作業の積み重ねなのですねー!
普段あちこちで何気なく目にしている写真も、
そういった技術に裏打ちされたものなのでしょうか。
そういう事を感じさせないのがプロの技、ですよね。

ディスクフィルムはまだ生きる道があったのですか!
これも凄いお話です・・・。
ところで、ロモが何となく面白そうな気がしております。
Posted by schun玉 at 2008年10月01日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107137323
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。