2008年09月18日

ペグをハグして

当初Yさんのウクレレのペグにはゴトーを使う予定でしたが、仕様を変更しました。
新たに採用を決定したペグとは、パーフェクション・ペグと呼ばれる物です。

このペグはバイオリン族楽器用のリプレイスメントで、一見エボニーのペグですが実は内部にプラネタリーギアが仕込まれていて1:4のギア比で微妙なチューニングを可能とした物です。値段の割にチープな外観(失礼!)ですが、中身は高級です。
このペグについての詳細はMATT小林さんのブログにとても解り易く解説されています。
リンクは→ここをクリック

で、そのペグを採用出来ないかという打診を頂きまして、全く実績が無いにも拘らず「やりましょう!」なんて知った顔して了承してしまったワケです。まあ、私は今までぶっつけ本番の人生を歩んできましたから、今回も何とかなるだろうと踏んだのであります。


17Sep08-1.jpg

もともとバイオリン族用のペグですから、ポスト先端が糸倉に橋渡しするのに都合良い形になっています。つまり、弦通し穴より上・・・というか先端というか、まあ、そこが一段太くなっておるのです。ウクレレのヘッドは一枚板ですから、先が太くなっている必要は無いし、むしろ都合悪そうです。で、そこを削り落として一定の太さにしないと見栄え的にもよろしくないであろうと考え、縦型旋盤(別名・ボール盤)を使って切削加工しました。


17Sep08-2.jpg

写真に見える奥から、未加工品(というか製品状態)、ポストを切削した状態、ウクレレに合わせてポストを切り落とした状態、であります。


17Sep08-3.jpg

ポストの切り落とし風景です。金属の芯材が入っているので、クラフト鋸でシャープにカットします。更に切断面を金工ヤスリで整えておきました。小さくて堅いブツはしっかり固定しないと指も切っちゃいますから、要注意です。


17Sep08-4.jpg

さて、切りっ放しというのも少々ぶっきらぼうでしょうから、端末処理を施します。
MATTさんからご提案頂いた案でもありますが、エボニー粉混入エポキシで化粧します。
それにしては茶色くないかい・・・というツッコミはさておき、
え、いや、これ、本当にエボニーの粉ですってばー。マグロじゃないから茶色ですが・・・汗。

もちろん最後には整形しますが、予めエポキシの表面張力なんぞを利して、ある程度丸みを持たせた形状にして硬化を待ちます。うん、却って茶色っぽい方がワザとらしさを緩和出来るのではあるまいか??

さ、出来上がりは如何に。なんたって、ぶっつけ本番ですので・・・。

【業務連絡】
Yさん、茶色い先っちょが気に入らなかったら言ってください。善処します。
posted by schuntama at 00:25| Comment(17) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yさんは、切り取った先っぽの方が気になっているのではないかな。

耳栓に使えないかとか、鼻水止めにならんかとか、、。

先っぽはてっきり、チョコかと思いましたが、、、甘くないのね。
Posted by きま at 2008年09月18日 01:21
きまさん
あちゃー、先っぽの方でしたか。捨てちゃったー!
4本あったから、両方の鼻の穴に詰めてすぽぽんミサイルを2回出来ますね。
あとで拾ってこよう・・・。

エポキシチョコは最初はミルクチョコですが硬化後はビターになるのです。
で、仕上げはくさやで・・・ と、古い話題を蒸し返してみる。
Posted by schun玉 at 2008年09月18日 01:59
真ん中の2個が右ネジのようですね。

この先端をマッチ箱のヤスリに当てて擦るとボッと茶色い炎が上がりそうなイメージですね。

私は切り落とした先端を大事に持っていますが、抜けた虫歯を持っているようで何の役にも立たない感じ。

今日、クロサワ・バイオリン館で確認したのですが「こんなペグ見たこともない!」ですって。

したがって次の注文も通販でよろしく!
Posted by MATT at 2008年09月18日 18:13
あ、「また欲しくなったら注文させてください、そのときには通販でよろしく!」という意味でした。

でもいまのひと組はどうするつもりだろう>自分。
Posted by MATT at 2008年09月18日 18:44
MATTさん
バイオリン館に無いというのは少々意外でした。
需要が無いのか知名度がグーンと低いのか、 ・・・後者ぽいですね。
でも、知ってる人は知っている、知る人ぞ知るペグでもあります。
やっぱり取付け方法が万人向けでないのが敗因?なのでしょう。

ご入用がありましたら何時でも仰ってください。
もっと安く買えるショップを発見しましたよ。
今度はインディアナ州です。

ところで、逆ネジを間違えてセットすると後々やっかいそうですね。
Posted by schun玉 at 2008年09月18日 22:51
色の件、OKです〜。
Posted by Y at 2008年09月19日 02:19
Yさん
了解しましたー。
Posted by schun玉 at 2008年09月19日 12:13
なんだかやってみたくなりますねぇ。
インディアナ州?
ネバダ州にありませんか?10月に行くんだけどなぁ。加州でもいいし...
(って、自分で探せって)
Posted by きりん at 2008年09月19日 21:43
ネバダ州? 無い無い、ネバーだ!
加州は塗料しか無いし・・・・・
(インディアナ嘘つかないヨ)
Posted by M3 at 2008年09月19日 21:58
このペグは良いですねぇ。
ギアがぼってりと太くなっているのは見たことがありますが、これは軽そうで見た目もすっきり!欲しくなってしまいました(^-^)

バイオリン、ウクレレはもちろんアコースティックギター、バンジョーやマウンテンダルシマー、なんにでも応用が利きそうですね。誰か日本総代理店をやればいいのに!
Posted by 蝠樂亭 at 2008年09月19日 22:52
きりんさん
ネバダですか、インスタントコーヒーのCMで有名な。
♪ねばだーだーだーねばだーねばだー♪
・・・すみませんでした。

ネバダと聞いて、Mojave Redを思い出しました。
昔、エドワーズAFBの開放日に敷地内のテントで飲みました。
「ごくりごくり。おお、これは旨いですなあ。」
「おーい、この坊やがビールおいしいってよお!」
日本人は童顔に見えるからって、ねえ・・・。しょぼん。
Posted by schun玉 at 2008年09月19日 23:02
M3さん (←この書き方はちょっと変?)
>ネバーだ
さすがにネバダ納豆というのは無かったかと思いますが、
・・・って、そうではなく。

ちなみに、加州塗料も用意してありますよ。
かなり香りがキツイのがschun玉に傷ではありますね。
ナイトロセルロースとどちらが良い香りでしょうか・・・。
Posted by schun玉 at 2008年09月19日 23:14
蝠樂亭さん
>誰か日本総代理店をやればいいのに!
ぜひ、お願いいたします!
そうすれば、今よりもずっと買い易くなることでしょう。
(ワタクシが、ですけど)

ギター用と違って個人的に嬉しいのは、1セットが4本であることです。
バイオリン族もウクレレも弦が4本!
Posted by schun玉 at 2008年09月19日 23:21
バンジョー用の遊星歯車ペグセットも「4個入り」が大半で、5弦バンジョー用として「1個売り」もあるみたい。

誰かさん(誰だろう??)がもしも「8弦が欲しい」と言い出したら「4個入り」をふた組買えば良いので簡単ですしね。
Posted by MATT3 at 2008年09月19日 23:29
MATT3さん (←次はなんだろう??)
たぶんひとりくらい「6弦ウクレレ!」とか言い出しそうです(笑)。
パーフェクションはバンジョーのテンションに耐えられるか・・・
なんとなく微妙な雰囲気ですね。
Posted by schun玉 at 2008年09月19日 23:53
> たぶんひとりくらい「6弦ウクレレ!」とか言い出しそうです(笑)。

そのときはもう一人現れるまで待たせましょう。
Posted by TTAM at 2008年09月20日 01:15
んさTTAM

。・・・かたしまきうそ、どほるな

結構疲れるので普通に戻します。汗。

3セット買えば6弦を2人分、ですね。
マルチプルは苦手でし・・・。
Posted by 玉nuhcs at 2008年09月20日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。