2008年05月30日

白魚の指(板)

30May08-1.jpg

フレットスロッティングであります。
数値を間違えぬ様、細心の注意を払いつつ位置を印していきます。
落ち着いた環境も必要ですから、コーシーなんぞを飲みつつ粛々と進行してまいります。
コンピューターは数値の確認の為に置いてあるのであって、決してネットしながら作業しているのでは無い事を申し添えておきます。為念。プリントすりゃいいじゃんとも思いますが、時代は既にペーパーレスれすよ。汗。


30May08-2.jpg

で、溝切りします。
これも専用工具なのですが、何かもう少し効率良くならんものかとも思います。大手の様に丸鋸を並べて一気に溝切り・・・までしなくていいから、手切りのままでいいから、もっと効率良い工具が欲すぃ。その前に腕、か。


30May08-3.jpg

さて、18本の溝、なんとか出勤前までに切り終えました。
Yさんのレレの指板はSさんの虎次郎のそれよりも少しだけ手を掛ける予定です。
どんな指板になるかは、近々、ということで。
それより、バインディングはどうした。>自分
posted by schuntama at 07:32| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

古典橋

えーと、また何の意味かなこのタイトルは、えーschun玉くん。

24May08-1.jpg
ははー、ブリッジの製作であります。

24May08-2.jpg
溝彫りは古典ではなくモダンな道具を使用しております。

24May08-3.jpg
ざざっと、削り上げました。

24May08-4.jpg
ね、まだ、ざざっとなのであります。
これはエボニーですが、縞がちょいと入っております。(個人的にスキ♪)

クラシカル・スタイルのブリッジは佇まいが凛としてますね。
やっぱり、けいこにはこれしかないな。

24May08-5.jpg
指板もあるでよ。
posted by schuntama at 02:29| Comment(6) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

なんでなのさ

自ら言うのもアレですが、苦悶しております。

21May08-1.jpg

エボニーのバインディング、カッタウェイのタイトカーブが曲がりません。
メイプルの横板を曲げる時もこんな思いをした様な記憶がありますが・・・、嗚呼。

これはバインディングの厚みを通常より若干厚く設定したのが敗因でしょう。
更にはソプラノのウエスト並みに(あるいはそれ以上に)きついカーブが3連続しています。
あと、もう一息のところでポキンと折れてしまいます。
念じ方が足りないのでしょうか。
いっそ、ゲラーさんを呼んで手伝ってもらうべきでしょうか。

もうひとりの自分がささやきます。

「ごめんなさいしちゃってさ、セル巻いちゃいなよ。アッという間だよー。」

いや、別にセルでもABSでもボルタロンでも、性能に問題ないですよ。

ただ、ウッド・バインディングに拘るのがポリシーなだけです。
一部を除いて出来るだけシンセティックは使わない、これがポリシーです。

しかしこんな事で時間を喰ってしまっては、ただの独りよがりのポリシーでしかありません。
うーむ、めちゃくちゃ悔しい。

とにかく、出来ない筈はありません。

絶対に、そんな事は無い。


21May08-2.jpg

なんたって1セットを曲げる事が出来たんですからね。

もう1セット、絶対に出来ない筈が無い。

Yさん、すみません。日を改めて出直します。

絶対、曲げちゃるー!!!
posted by schuntama at 00:54| Comment(6) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

いくらなんでも

匍匐前進にも程があります・・・。

19May08-1.jpg

Yさん、すみません。まだ他にやる事多過ぎ・・・。
posted by schuntama at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

けいこは今

虎次郎の余韻醒めやらぬ中、その勢いでYさんのウクレレ「けいこ」にスイッチしたい私。
しかし無情のサラリーマンは週が明けてみたら寝に帰るだけの日々でありました・・・。

しかし、しかし、匍匐前進は私のお家芸であります。
今朝は出勤前にけいこと戯れてみました。


15May08-1.jpg 15May08-2.jpg

スプルースは繊維が強靭なのでルーターで削っても切り口がキレイにスパッ!と揃いません。微妙に繊維が残っておヒゲの様になってしまいます。あ、腕が悪いからというのは承知してますが・・・。で、そのおヒゲをスクレーパーで地道に剃り落します。シック状態。それにしても、けいこにおヒゲとは・・・。

さらに削りっ放しのバインディング溝を整えるのですが、残念ながら今朝はここまで。


15May08-3.jpg

使うのはまだ先の話ですが、エポキシフィラーを新調しました。Z-POXYという製品です。例によってLMIから購入しました。今まで使っていたシステム3に対して混合比に融通が効く事、個人輸入可能な品である事がメリットです。本来エポキシは混合比を厳密に管理しなければならないそうです。実際、システム3はシビアです。ちょっとバランスが崩れると硬化しなくなります。更に現在は危険物扱いという事で個人輸入できません。対してZ-POXYは混合比をある程度「大目にみてくれる」そうです。でも油断しない方がいいでしょうね。個人輸入可能な理由には濃度が関係していそうです。システム3はサラサラの液状ですが、Z-POXYはドロドロです。例えばニトログリセリンとダイナマイトの違いの様なもの??
近々使用感を試してみます。(爆発試験じゃありませんよ)
posted by schuntama at 07:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

NUA例会 '08 May

11May08-1.jpg

アップが遅れましたが・・・、11日に久し振りにNUA例会へ参加する事ができました。
去年最後の例会で持ち帰ってしまった名札をやっと返却できて一安心。
実は今年初めての参加でしたが、部屋の中に入った時には大きな安堵感を憶えました。

ああ、やっぱりいいなー、NUA。本当に楽しい集まりです。


11May08-4.jpg 11May08-3.jpg

親睦会が始まる少し前に会場入りしました。このところ、ずっと満員御礼状態が続く例会ですが、今回も東大島文化センター美術室は人で膨らんでパッツンパッツン。
親睦会には自分もエントリーを考えてたのですが、最近は全くといっていいほど練習出来ていないのと、2週間前に親指の爪を引っ掛けて裂けてしまい最初から生やし直し状態なので見送りです。

久し振りに聴いたTAKA&NYA☆MIコンビ、ますます磨きがかかっていた様な。NYA☆MIさんの歌には本当にホレボレいたします。目からハートマーク光線が出ちゃいました。
久し振りに会った大ちゃん、絵が上手なのでビックリ。たくさんおはなしできたね。


11May08-2.jpg 11May08-5.jpg 11May08-6.jpg

この日はshu-sanが虎次郎をお披露目されました。
突然その場で製作者紹介までして頂いた時には「あ、汗ーーー!!」でした・・・。

まだご存じない方にご説明いたしますと・・・これまで弊ブログにて公開製作してまいりました「Sさんのウクレレ」のオーナー「Sさん」とは、NUA会員であり東京都公認ヘブンアーティストであるshu-sanなのであります。
iisanのカントリー(これもまた素晴らしい!)に共演とDTMバックでのソロ2曲を虎次郎で演奏です。

ひとこと、感無量です。shu-san、どうもありがとうございました。


11May08-8.jpg 11May08-7.jpg

2次会の台湾市場も久し振り。
帰り際に別会計で飲んだ台湾ビエール、美味かったなー。柔らかな飲み口でコクがある。国産ビエールに飽きた方にお薦めです。


11May08-9.jpg

雨は上がって日が暮れて、足は3次会場のバンブーへ向かいます。


11May08-10.jpg

どこかで見た方が座ってるなーと思えば、あれれー?カマテツさんではありませんか!
目の前でスーパージャカソロを堪能させて頂く事が出来ました。めちゃめちゃラッキー!!ありがとうございました!今回も手元を凝視しましたが目が追い付きませんでした・・・。
(カマテツさんも虎次郎をお褒め下さいました♪)

11May08-11.jpg

活躍の場を拡げつつあるウクレレプレイヤー、AYAさんも演奏されました。聴いていると体が縦に揺れてくる、軽快でノリの良い演奏でした。また聴かせて下さい!いろいろとお話できて楽しかったです。例会から3次会まで、お疲れ様でした。


11May08-12.jpg

shu-sanはずっと虎次郎を弾き通し。嬉しい事であります。

参加の皆さま、今月もお世話になりました。
ありがとうございました!
タグ:ウクレレ NUA
posted by schuntama at 08:11| Comment(10) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

9号機コンサート(Sさんのウクレレ)

S-san-1.jpg

製作中は虎次郎とか虎箱などと手前勝手なネーミングで呼んでいた「Sさんのウクレレ」です。
ご依頼を頂いてから完成までほぼ1年近くの月日が経ってしまいました。

製作にあたり、Sさんとは仕様のみならずコンストラクションの考え方に至るまで意見の交換を行いました。出来るだけご希望に沿う形で製作を進め、どうにかギリギリの線でお応えできたのではないかと思っております。完成時の段階で既にコアとしては比較的柔らかな音に感じましたので、ヘヴィプレイヤーであられるSさんの手によってどの様に成長するか非常に楽しみです。


2008年5月9日完成。 仕様は以下の通りです。

●コンサート・スケール/約390mm 12Fジョイント/17Fトータル
●トップ、バック、サイド、ヘッドプレート:カーリーコア(5A)
●ネック:ホンジュラス・マホガニー
●指板・ブリッジ:エボニー
●バインディング:エボニー
●ナット・サドル:牛骨
●ヒール、エンドブロック:ホンジュラス・マホガニー
●トップブレース:スプルース  バックブレース:スプルース
●ペグ:ゴトーUK700
●弦:アクィーラ・ナイルガット(1〜3弦) ワースストリングス B-LG(Low-G弦)
●ポジションマーカー、ロゼッタ&ボディパーフリング:M.O.P
●フィニッシュ:グラフテッド・コーティングス KTM9 (水性クリア)
●ピックアップ:お仲間スペシャル・パッシブピエゾ ボリュームコントロール付き


S-san-2.jpg S-san-3.jpg S-san-4.jpg

S-san-5.1.jpg S-san-6.jpg S-san-7.jpg S-san-8.jpg

S-san-9.jpg S-san-12.jpg S-san-13.jpg

S-san-10.jpg S-san-11.jpg


S-san-14.jpg

出立時はこの様に。
posted by schuntama at 12:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

できたー!

Sさんのウクレレ、できました。

これからキレイにして新品の弦を張るので厳密には未完成ですが。
無事に帰るまでが遠足、と言いますからね。
なんのこっちゃ。

09May08-1.jpg 09May08-2.jpg

とりあえず、電化された虎次郎殿下の姿をアップして今日はお茶を濁しておきます。(笑)
いつもの各ビュー撮影など詳細は後日報告させていただきます。


-追記-

ブラッド・ブラザー。もう、本当にいろんな意味で。

09May08-3.jpg 09May08-4.jpg
posted by schuntama at 09:20| Comment(20) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ちょいとおんもへ

虎次郎、弦を張ってみました。
でもまだセッティング中なので、あくまでもこれは世を忍ぶ仮の姿。
ナットは溝切りしましたが弦高調整出来てませんし、
サドルはなんにも調整してませんので2弦がビビります。汗。


07May08-1.jpg


朝日が気持ち良いので屋外で撮影してみました。
傷防止のテープがあちこちに貼られて無粋な姿ですが仕方の無いところ。特に弦の先端には要注意。


07May08-2.jpg

撮影が済んだらそそくさと部屋の中へ。
「お風邪を召されては旦那様に申し訳がたちません!」なんて、まるでクララの様な扱い。
すると、ウクレレ界のハイジはプラスティックボディあたりなのかな・・・。


で、音を出してみました。セッティング出来てなくても音色の確認はそこそこ出来ます。
結論から申し上げますと、ほぼ狙い通りではないかな、と。
特に中音域の出方は「アレ」に近い印象でした。完成手前の状態でこの傾向が確認出来たということは、弾き込んで行けば更に音が丸く甘くなるのではないかと踏んでいます。
もちろん、全く不安が無い訳ではありませんが・・・。

いずれにしても、完成が楽しみです。
posted by schuntama at 08:27| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

機械頭と橋の取付け

まるで王様の直訳の様なタイトルですが・・・。

06May08-1.jpg
機械頭、マシンヘッドであります。メイドインジャパン、ゴトー製、逆輸入品。
さて、上の文中にディープパープルに関係ある言葉があります。ふたつ述べよ。

06May08-2.jpg
橋、ブリッジであります。実際には駒と呼ばれますね。
接着面をぬくぬくにしておいて・・・

06May08-3.jpg
おりゃ!!

06May08-4.jpg
いとしのけいこ、実はバインディングの納品待ち。エボニーを切らしてました。汗。
ついさっきFedExからトラッキングナンバー通知のメールが来ましたが、今回は発注後のレスポンスが若干遅い様です。うーむ、加州は子供の日は関係無いのでは?
posted by schuntama at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

まだなんですが

05MAY08-5.jpg

虎次郎、ポリッシングがほぼ終了です。
ヘッドに若干の金物が付けられてだんだんそれらしくなってきましたが、
今日は朝から晩まで予定が詰まっていますので作業はここで一旦止めます。

最近登場機会が少なかったので、艶が出たところで撮影してみました。

05MAY08-1.jpg 05MAY08-3.jpg

05MAY08-2.jpg 05MAY08-4.jpg

まだ修正しないといけない部分があります。なかなか終れません・・・。
posted by schuntama at 02:39| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

虎よ何想う

研いでます。
塗装のタッチアップ箇所が出現する度に時間を浪費。
生産性や耐久性確保もありましょうが、厚塗りされた楽器が多い訳ですね。
この工程だけは外注する名工さえいるといわれる、塗装。
難し過ぎ。

04May08-1.jpg 04May08-2.jpg



04May08-3.jpg

早く外に出してやりたいな。
posted by schuntama at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

まいっちんぐ

匍匐前進であります。なかなか捗らず。造ろうとすると必ず横槍が・・・。
が、しかし。The show must go on. 前進あるのみ。ゴーゴー!

02May08-1.jpg
けいこはついに箱になりました。箱入り娘・・・ではなく、箱娘なのかな。
写真は、トップとバック外周の余り部分を落としたところです。

02May08-2.jpg 02May08-3.jpg
エンド中心とカッタウェイ先端にエボニーを入れます。この処理を施したということは、即ち両面にバインディングするという事であります。白いディープボディは膨張して見えるので、表裏にエボニーを巻く事で外観に「締まり」を与える事にしました。

02May08-4.jpg 02May08-5.jpg
そして時は流れ、接着完了して削り揃えた後の様子です。あまりよく分かりませんな。
貝やマルチラインのパーフリングは無し、白地に黒がビッ!と入るだけという外観。塗装後は白さが若干黄変しますが、イメージとしてはまっさらな半紙に筆をしたためる「書」であります。そうです、けいこは大和撫子。
で、ヘッドプレートをどうするか。メイプルにするか、はたまたエボニーか。なんとなく後者になりそうな予感ですが、さて、Yさんはどちらがお好みでありましょうか・・・。
posted by schuntama at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。