2008年03月31日

ワッパウェイ

31Mar-08-1.jpg

Yさんのウクレレです。輪っぱ、繋げました。

現在、別の細かなところをシコシコと調整&検討中です。
造りながら設計したりもします。
一品モノですので、その方が便利でもあります。

この、構造や構成を考えてる時間がまた楽しいのですね。
脳内にしか存在しない楽器を実際の存在にする為の過程です。

こうしておじさんはひとりもうそうにふける。
posted by schuntama at 04:29| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

世は桜、俺はレレ。

よく日焼けした様なこんがり色の虎次郎から、無垢な白さのけいこへとシフト中。
色も形もサイズも違う2本のレレ達、一体どんな音に鳴るでしょうか。

30Mar08-1.jpg
カッタウェイなので、これまでとはちょいとやり方を変えないといけません。
ネックブロックの合わせ込み中。

30Mar08-2.jpg
だいぶ形が安定しました。曲げに苦心した甲斐がありました。
手前のライトの下では2つのブロックが温浴中。

30Mar08-3.jpg
で、膠で接着&グワシ。今夜にはぐるり輪っぱになれるかな。

30Mar08-4.jpg
虎次郎は過去作のレレ達と一緒に仮眠中。
左のレレは初めての自作レレ、全音キット1号です。
自分で造ったとはいえ、虎次郎と比較すると隔世の感があります。
少しは自分も上達出来たのかな、なんて嬉しくなったりして。
posted by schuntama at 03:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

今日も塗ってます。

今日はコーティング2日目です。
塗る前に600番でサンディングします。

29Mar08-1.jpg

29Mar08-2.jpg 29Mar08-3.jpg
サンディングブロックには発泡ウレタンも使いますが、この段階あたりからゴムのブロックを使う様にしています。以前も紹介した事がありますが、これはドア用ストッパーです。2つ穴は床やドアに固定する為のネジ穴ですね。手のひらにスッポリ入る大きさで、片面に角R、反対側にはピン角という形状になっています。この違いを使い分けて、大きな面はもちろん、細かい角や面の縁のサンディングに対応させるのであります。つまり、サンディングの際のアプローチにおける力の入り方をコントロールする訳です。

29Mar08-4.jpg 29Mar08-5.jpg

29Mar08-6.jpg 29Mar08-7.jpg

これで塗りは終わりです。フォームブラシも必ず傷みが出るので捨てちゃいます。
8号機では9日間の乾燥の後に研ぎに入りましたが、この塗料の乾燥に必要な期間は9日間が最低ライン、標準は2週間の様です。当然、虎次郎には2週間ぶら下がっていてもらいます。
posted by schuntama at 02:54| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

塗ってます。

また予定が遅れております・・・。ひいい。

28Mar08-1.jpg
水性クリア塗料のKTM9ですが、開封と同時にポリ容器へ移し替えました。缶のままだとフタの開け閉めがやり辛いばかりか縁に固着した塗料がゴミとなって中へ落ちてしまいます。
スプレー環境を構築出来ない私は、ずっと刷毛塗りでやってます。刷毛はフォームブラシがお気に入り。これは2インチ幅のものです。容器の中から直に塗料を含ませて、皿で刷毛先をちょんちょんとしごいて塗料の付き具合を調節します。

28Mar08-3.jpg 28Mar08-2.jpg

28Mar08-4.jpg 28Mar08-5.jpg

光の当たり具合で杢目の色や輝きが変化します。コアという木は実に妖艶です。

という訳で、1日目のクリアコーティングが終了しました。
posted by schuntama at 02:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

虎の皮

虎次郎は下地の最終調整中。
一発サンディングで終わる事が出来ませんでした。
ま、ここは慌てても得する事はありません。不十分な所はこの時点でやっつけておきます。
上手くいけば明日の未明から早朝あたりで塗装に入れるかもしれません。
というか、早く塗りたいなあ、と。

25Mar08-1.jpg


25Mar08-2.jpg

グラフテッド・コーティングス社製KTM-9、水性クリアです。新品を下ろします。
今まで使っていた残りは・・・まだ問題無く使える筈ですが、結構古いので別の用途に使う事にします。そういえば最近、マイカーの艶が落ちてきたな・・・。
posted by schuntama at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

アフリカの、マホ

23Mar08-1.jpg
Yさんのウクレレ、輪っぱ用部品が出来上がりました。
カーフド・ライニングには予め切り出してあったサペリを使うつもりでしたが、サイズをSさんのウクレレ並みに大きくする事にしたので新たに切り出しました。で、アフリカン・マホガニーです。ネック・ブロックもエンド・ブロックも、アフリカン・マホです。なかなかワイルドな、いかにもアフリカ!な木目(どんなだ)が割と好きな材であります。

そういえば8号機がオール・アフリカン・マホでした。
蛇足ですが、昔のKISSの曲にオール・アメリカン・マンというのがありました・・・。
汗。

23Mar08-2.jpg 23Mar08-3.jpg
例によってカーフィングは手作業です。そんなの面倒じゃん!という人が多いのは承知しておりますが、私は初期の頃から自作しているので特に違和感無く作っております。
面倒なんですけどね。 ・・・あれ?
posted by schuntama at 22:05| Comment(8) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

よかったうぇい

さあ、Yさんのウクレレ、仕切り直し。

21Mar08-1.jpg
同じメイプルのセットからもう一組分のサイドを調達出来た事が不幸中の幸い。

21Mar08-2.jpg 21Mar08-3.jpg
で、曲げ直しました。カッタウェイも曲げました。前回の失敗でコツを掴めました。
曲げの戻りが強くてクランプで矯正しているのが悲しいですが、「見込み」を入れて曲げるにはまだ経験と度胸が不足していると言わざるを得ないのが正直なところ。

まだ造り始めたばかりですが、あー、この充足感。
これで、次に行けます。
posted by schuntama at 05:48| Comment(6) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

土下座

結論から申し上げます。
カッタウェイ部分の曲げに失敗してしまいました。
Yさん申し訳ないです、少し遠回りしちゃいました。

20Mar08-1.jpg
残骸をここで晒すのは忍びなく、それだけはどうかご容赦を。

20Mar08-2.jpg
という事で、出直します。
ちなみにこれは同じセットから切り出した材です。

ちょっと、旅に出てクールダウンしてきます・・・。 くやしー!!
posted by schuntama at 05:01| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

なんてこったうぇい

うへえええ、むずかちい・・・。

19Mar08-1.jpg

残念ながらここで時間切れ。
また明日未明頃に再開したいと思います。
posted by schuntama at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

逢瀬

さて、Yさんのウクレレ、ミニテナー・カッタウェイ。コードネーム「けいこ」です。
例によって初めて造るタイプのウクレレとなります。汗。
Yさん、大変お待たせしております。申し訳ありません。汗汗。

18Mar08-1.jpg
ライニングの溝切りをしようかなと思いましたが、突如曲げる事にしました。
メイプルの2ndグレードとはいえ、カーリーがそこそこ入っています。油断なりません。

18Mar08-3.jpg
結果、このレベルでさえ苦闘しました。すっかり勘が鈍っています。
こりゃ、カッタウェイ部分は相当気合い入れないと泣きますな。ひいい。
とにかく結果オーライ。 ・・・でいいですか?

・・・実はまだ片側だけ。ちょっと寝坊しました。汗汗汗。

18Mar08-2.jpg
Sさん、少し横になって休んでてくださいね。従兄弟の8号機が添い寝します。寝汗。

18Mar08-4.jpg
余談ですが中古でレイラニを購入して1年以上経ち、初めてナイルガットを張ってみました。
やっぱりというか、相性抜群です。新生レイラニもスタートした様ですね。
うーん、気になる、木になる・・・。
posted by schuntama at 07:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

大掃除→虎→けいこ

そろそろSさんのウクレレ「虎箱虎次郎」も大詰めです。
塗装に入るので、これからは虎を相手に神経戦となります。
同時に、メイン作業はYさんのウクレレ「けいこ」へと移行していきます。
柔らかな白さが清々しい、スプルーストップにメイプルボディのウクレレです。

気持ちも新たに、さーて・・・と廻りを見渡せば、おえええ、部屋中木屑やら粉だらけ。
端材や色々なものが乱雑に積み上がり、夜逃げした工務店の様な状態です。
レレを1本造ると、こんなに部屋が荒れる・・・というか自分がだらしないだけか。
とにかく、このまま次なる1本に移る訳にはいきません。しかもSさんのウクレレは塗装に入ります。部屋が粉だらけなんてもってのほかです。

という訳で、今更大晦日を迎えたかの様に大掃除を決行。キレイになってこりゃ結構。

17Mar08-1.jpg 17Mar08-2.jpg

上は現在の作業部屋の様子です。壁際まで思い切り引いて撮影してみました。
世のアマチュアビルダーは小さなスペースで頑張っている方が多い様です。私もその一人ですが、部屋があるだけ恵まれている、とも言われます。確かにそうかもしれません。
ちなみにこの部屋の床は三畳で、壁は大きく斜めになっています。物置だった部屋を無理矢理自分のモノにしてここまでセットアップしました。

たまに「工房が見たい!」と仰る方がいらっしゃるのですが、工房というより作業部屋です。ここで切削・接着・塗装・木材保管・楽器保管・演奏など、なんでもやります。でも、どんな環境で造っているのかは興味ありますよね。私も人様の環境は興味津々です。プロの工房の写真なんてマジマジと見つめちゃいます。

で、まあ、あまり誉められたものではないのですが、私は上の写真の様な環境でやっておるワケです。狭小作業部屋のレイアウトなど、写真から読み取ってみてください。

17Mar08-3.jpg
さて、Sさんのウクレレは第2回目の目止め中です。虎の顔がハッキリしました。

17Mar08-4.jpg
さてさて、Yさんのウクレレはパーツ製作中です。これはライニングの素。
でも、粉が出るので今回はこのくらいでおしまいです。Sさんの目止めが硬化中だからですね。
硬化したら、それっ!てな感じで粉だらけになりながらYさんのを製作します。で、合間にSさんのを本塗装する、と。うん、メリハリあるわあ。
posted by schuntama at 02:21| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

そして虎は止まり木へ

16Mar08-1.jpg
フレット処理、完了です。
角は丸々ですが、しっかりと押弦出来る幅を確保してあります。

16Mar08-2.jpg 16Mar08-3.jpg
ブリッジも仕上げました。
位置決めピンも入れて、準備完了。トップ板へフットプリントを転写したら、接着するまでお役御免。塗装終了まで暫しの間眠っていて頂きます。
あ、弦通し穴開けなきゃ。これも塗装後だな・・・。

16Mar08-4.jpg 16Mar08-5.jpg
無塗装状態最後の姿。
はあー、やっとここまできたさー・・・

16Mar08-6.jpg 16Mar08-7.jpg 16Mar08-8.jpg
・・・などと感傷に浸るヒマはありません。
フィラー処理へと移行します。目止めです。システムスリーのクリアコート。エポキシフィラーです。ヨットやカヌーにも使用されています。
第1回目のコートはシリカパウダーを混入して導管の埋まり具合を良くします。但し、このレシピはトップには適用しません。トップは極力薄くしたいからです。なので、第2回目のシリカ無しコートでトップもろとも全体をコーティングしてフィラー処理を終わらせる予定です。この頃は温暖な日が続くのでエポキシには都合良いですな。
しかし、すげーしまじろうだなこりゃ。

16Mar08-9.jpg
今後Sさんのウクレレの居場所は天井付近がメインとなります。
という事で、もうすぐ「けいこ」ことYさんのウクレレが降りて来ます!
これからは色白の君との濃密な日々が・・・。

げふ。
posted by schuntama at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

つっこみ その6

す、すみません、またまた動物ネタ・・・。

05May03.jpg

場所柄、米軍関係者が多い所為でしょう。動物園内に英語の警告看板があります。

「手や顔を檻に近付けないでね。」
と、比較的ソフトな語り口で諭しているかと思えば、最後には

「つつくぞ!」

と態度を翻すワケです。
こえーなー。目もコワい。

一見アメコミ風なんだけど、どことなく長谷川町子のテイストを感じる様な。


2003年子供の日、羽村動物園にて採集。
posted by schuntama at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つっこみ採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネチっとな。

虎次郎のフレット、仕上げつつあります。
12〜17フレットをネチネチと丸めておりました。

15Mar08-1.jpg

写真で見ると8号機と同じ様な処理に見えますが、実はかなり違います。
触ると全然違う・・・ って、大多数の人には分かる訳ありませんな・・・。しょぼん。
ざっくばらんに言えば、より一層ジャカソロ向けになっている、という処理です。
とにかく、スムース命。弦落ちNG。ウクレレ・フォーミュラ。
posted by schuntama at 01:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

明日に向かって打て

14Mar08-1.jpg
夕べの晩飯前に13、14フレットを打っておきました。アッという間の出来事。
つまり、いかに騒音を出せる時間帯に作業出来るかが進捗の鍵を握る訳でありまして。
仕事や家庭や住環境などがいろいろ絡んでくると、この簡単な事が簡単ではなくなるのであります。

それにしても、このフレット状態でクレイジーGを弾いたら手が大変な事になるんだろうな・・・。


14Mar08-2.jpg
とにかく無事に打ち終わりました。次はフレットのバリ取り、擦り合わせ。
先だってプロテクターを作っておきます。テンプレートに使っている、いつもの塩ビ板です。
ボディを金物攻撃から守るためには必須アイテム。これが有ると無いとでは作業製や仕上がり、精神衛生上にも大きな差が出ます。

14Mar08-3.jpg
こんなゴツい金物を使って繊細なウクレレをガシガシ削る訳ですから、やっぱり、ね。
で、エッジのバリ取りとレベリングが終了です。今はまだまだラフですので、ここからネチネチと丸めたりポジション域に応じた処理を施したりと細かなチューニングを行います。

14Mar08-4.jpg
ナイトキャップ。
ではなくて、これもプロテクターです。
これが有ると無いとでは作業製や仕上がり、精神衛生上にも・・・  お分かりですよね。汗。
posted by schuntama at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

クルシー・ハマー(汗)

Sさんのウクレレ、フレットを打ってます。
前回から少し日が経っているのは自分のコンディションが落ち着くまで待ってたからであります。いろいろある時に焦ると絶対にヘマするヒトです、ワタクシ。

13Mar08-1.jpg
ハンマーを打っても怒られない時間帯のうちに、12フレット分を打ち終えました。

13Mar08-2.jpg
先に13、14を打っておけばよかった・・・とも思ったりしますが、ま、ダイジョブです。
15、16、17と、私の人生暗かった・・・じゃない、15、16、17フレットはクランプと特製(即製)ベニヤブロックを駆使して圧入しました。この3本だけは裏側がガランドウなのでハンマーを使うには危険が危ないと思います。
posted by schuntama at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

第39回 小岩出稽古

degeiko08Mar-14.jpg
第39回小岩出稽古はコミュニティ会館和室にて催されました。
そういえば、第38回池袋をブログに書き忘れてましたな・・・ 汗。

2曲をみっちり稽古するも、なかなか指動かず。指先のしなりだけでなく肘の出し入れも使って押弦をコントロール。NYA-SAN、その節はありがとごじます。赤箱から飛び出す親方の音に驚愕しつつも、我々はアンプの前にまず暗譜であるという事を確認し合いましたね、きりんさん。満員で机の面積を確保するのにギリギリという状態で、フルークを立たせて省スペースを実現したうくどらさん。あれはクールでした。

degeiko08Mar-7.jpg degeiko08Mar-43.jpg
稽古の前後はお馴染みの小岩グルメ。
自分は長寿庵は今年初なので非常に嬉しかったす。当然、鴨せいろ大盛り。
MAKAHAの会長さん、ビエールをご馳走さまでした。
鳥正の味も本当に飽きる事が無く・・・。サービスも頂いて、ご馳走さまでした。
春の名曲の合奏をお聴きになった女将さんが「こりゃ開花が早まるねー」と喜ばれてました。


親方、今月も御指導をありがとうございました。
もりぞーさん、今月も最後までお世話になりありがとうございました。

【参加者各位】
暫くしたらいつもの場所に写真を保存させて頂きますので、ご覧下さいませ。
タグ:小岩
posted by schuntama at 14:13| Comment(16) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

点・点・点

06Mar08-1.jpg
ナイルガット?

06Mar08-2.jpg
いいえ、サイド・ポジション用の樹脂棒でした。
もしかしたら本当にナイルガットでもドットに出来るんじゃないかと思いましたが、人様のレレです。ここはきちんとスチロールを埋めておきます。
正面と横、合わせて12個の点。10個だったら点が Ten だったのにー。

06Mar08-3.jpg
で、指板を接着しました。グワシ!
posted by schuntama at 12:19| Comment(6) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

つっこみ その5

また動物ネタで恐縮ですが・・・

21Feb99.jpg


直球勝負。

これが「ぱんだ室」や「さる室」だったらどうなのか、という議論はさておき、・・・。

「ぞうしつ」という言葉の響きに一番インパクトを感じた訳でありますが、
前々回の「うんどぅ」同様、ひらがな表記には妙に引っ掛るモノがあるというか。
とりあえず「全部、漢字で書いてよう・・・」と申し上げておきますか。


1999年2月21日、上野動物園にて採集。
posted by schuntama at 20:25| Comment(6) | TrackBack(0) | つっこみ採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Born to be nut and saddle

えー、・・・まあいいか。


という事で、ネック接着しました。しかしその前に牛骨(ボーン)でナットとサドルを作ったりブリッジをいじったりしていたので、接着は出勤直前というタイミングになっちゃいました。

05Mar08-1.jpg
今回は新しい工具を下ろしますよ。その名もナット・アンド・サドル・バイス。ナット、サドルを削り出す際にガッシリと固定する事に特化した、重さの割に非常に狭い工具です。

05Mar08-2.jpg 05Mar08-3.jpg
勿論、他の物を固定しても怒られないのですが、この万力の特徴は挟む部分(何て呼ぶんだろ)が先細りになっているのでテーパー削りの際にヤスリが干渉しないという所にあります。実際、なかなか快適に削る事が出来ました。
快適環境といえば粉塵対策も怠れません。牛骨の削り粉は非常に微細ですしBSEも何だか恐ろしいので常に掃除機で吸い込みながらの作業です。当然、きちんとした防塵マスクも着用。

05Mar08-4.jpg
このところ恒例?の仮組写真。ネック接着前に骨部品を合わせてみました。

05Mar08-5.jpg
で、これが今朝の姿であります。
クランプだらけですが「締めている」のではなく「押さえている」という感じですね。
posted by schuntama at 07:33| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。