2007年08月30日

まだ動きが鈍い?

30Aug07-1.jpg
「Sさんのウクレレ」、2セット目をブックマッチです。昨日はバックで今日はトップ。
膠が乾いたら厚み落としの作業が待っていますが、それまで暫し天井から吊るしておきます。しかしスゴい杢ですな・・・。

30Aug07-2.jpg
「Bruddah Koa」はロゼッタのエポキシが硬化したのでサンディング。
ソプラノのM.O.P周囲にピンホールが認められたので、タッチアップしておきます。

30Aug07-3.jpg 30Aug07-4.jpg
そろそろバックに割れ止めを貼る季節・・・というワケではありませんが、スプルースを加工しました。接着は次回ですな。

この頃は気温が下がって来ているので製作に前向き(笑)になれます。寒い時は着れば良いですけど、暑いときは素っ裸になってもダメですからね。
これから秋がやってまいります。創作の秋、食欲の秋、ウクレレの秋、でありますな。
あー、やりたい事いっぱい。
posted by schuntama at 02:29| Comment(6) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

そろそろ食欲の秋

今夜はKUA'AINAでお食事。(ハレイワではなく、さいたま新都心のお店)
お店に入るとチャーミングなお姉さん達が「アローハ!」と迎えてくれます。
私も「アローハ!」と応えてハイタッチでもしたいところですが、
多分寂しい思いをすることになるでしょうから止めておきます。

たまにしか行かないお店ですが(いいお値段です)、一度食べれば忘れられない味。美味い。
個人的にはマクドナルドと吉野家とKUA'AINAが「忘れじの味御三家」ですね。
もうね、うちの会社、社員食堂は要らないから、この御三家をテナントにしなさいよ、本当に。

KUA29Aug-1.jpg KUA29Aug-2.jpg KUA29Aug-3.jpg

さ、今回もアボカドバーガーのディナーセットであります。
森のバターと呼ばれるアボカドがお肉の上にどどーん!と乗っています。
先に運ばれるサラダもうんまいですね。野菜も摂らにゃ。
で、ハンバーガーをわしわしと食べながら、やけに食べ易い事に気付きました。
うぬう、なんと1/2LBではなく1/3LBを無意識のうちに頼んでしまったのであります!

意識と腹具合の現実とのギャップに悩みつつお店を後にしました。
もうひとつ頼むか、それとも近くのラーメン屋に入るか・・・。マジで悩みました。
でも、食欲の秋はこれから本番を迎えます。(というより内蔵メタボ対策の為)
今日のところは我慢して、コンビニでエヴィス・ビエールを買って帰りました。
今夜の製作が終わったら、プシュ!とね。
posted by schuntama at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEW PROJECT

新しいウクレレの製作に着手する事になりました。
コアのコンサートで12フレット・ジョイント、ギアペグというのが基本スペックです。使用するコアのグレードは5Aで、マスターと言っても差し支えないほどのカーリーです。

発注して下さったオーナーさんから承諾を頂きましたので、他のウクレレ同様に製作の進捗をブログにて公開してまいります。今製作している「Bruddah Koa」の2本もありますので、区別する為に「Sさんのウクレレ」と呼ぶ事にいたします。

29Aug07-3.jpg
さて、ギャザリング・マテリアル。
まだヘッドプレートやらブリッジ材やらを調達せねばなりません。

29Aug07-1.jpg 29Aug07-2.jpg
ネックにはホンジュラス・マホガニーを採用します。これはSさんのご希望です。
幸い、これだけホンジュラス・マホのストックがありました。材をコンコン叩いた時の音、重さ、木目の通り具合を勘案して1本をチョイスしました。正直申し上げて、私は目利きではありません。これまでの経験と、直感で勝負です。

右の写真はマホ比較です。上がアフリカン、下がホンジュラス。密度の違いが分かります。私は、マホならどちらでもOKだと思います。好みの問題でしょうか。

29Aug07-4.jpg
チューニングマシンの仕様も決定済み。ゴトー製UK700を使います。これはH.A.P.システムによりペグポスト長が可変します。即ち、4本の弦全てのテンションを調節出来る訳です。

29Aug07-5.jpg 29Aug07-6.jpg
という事で、はじめの一歩。ブックマッチ作業から開始であります。
今回は設備都合で1セットだけ接着。


29Aug07-7.jpg
「Bruddah Koa」はロゼッタのインレイを接着中であります。
posted by schuntama at 00:41| Comment(8) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

音の穴

28Aug07-1.jpg

Bruddah Koa、それぞれサウンドホールが開きました。
穴の径は小さめ。ソプラノでは、ほぼマーチンのサイズ。
それでも穴が大きく見えるのは、エボニーのロゼッタがサウンドホールになっているから。

普通はサウンドホールの縁はトップ材を残しますが、私が作るウクレレは皆サウンドホール兼用ロゼッタ。ロゼッタ内径をそのままサウンドホールとし、さらに外周をフランジ加工する事でサウンドホールパッチの機能を一体化しています。

外観的には、先述の様に穴を大きく見せる効果があります。
大昔の外車のスポーツカーでは、車高を低く見せる(視覚的安定感を出す)為に車体の側面、その下側を黒く塗りつぶす手法が用いられる事がありました。
理屈としてはどちらも似た様なものですね。サウンドホールは音の出口であるが故、外観的に目立つ部位でもあります。この手法を用いる事で見た目の印象と補強機能の両立を目指したワケです。はい、後付け理論でありました。汗。

私の作るウクレレには凝ったインレイや彫刻を入れるつもりはありません。
どこかにひとつ、見た目の特徴があればそれで良いのです。で、それがサウンドホール兼用ロゼッタ。
勿論、音造りが優先されるのは言うまでもありません。でも、見た目も少しは気にします。そんなお年頃。
posted by schuntama at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

NUA8月例会

26Aug07-1.jpg
昨日は日本ウクレレ協会の8月例会でした。
東大島文化センター前の通りは照り返しが強く、思わず打ち水したくなります。
ピークを過ぎたとはいえ、まだまだ暑い。汗だくで到着であります。
中へ入ると既に懇親会タイムに突入、誰かが演奏中でありました。終わるまでドアの前で待機。

26Aug07-2.jpg
こちらは地元イベントの出番が終わったのか、入り口脇テーブルには水辺の生き物達が。
わたしゃ何もしてないのにザリガニに怒られましたよ。しょぼーん。

26Aug07-3.jpg 26Aug07-4.jpg 26Aug07-5.jpg
音の切れ目に部屋へ入れば、TAKA&NYAOMIのおふたりのパフォーマンスでした。今月も満員でしたので、一番前の見学席にて拝聴であります。いつ聞いても安定していて流石のコンビ。NYAOMIさん、森の小径ではありがとうございました。やはり歌を憶えないと弾き辛いのでありまして・・・。

ヤングな I君も聞かせてくれました。彼のお陰で例会の平均年齢がグッと下がっているのは疑い無い事実でありましょう。おっと、この私だってヤング(な気分)であります!

トリはご存知へヴンアーティスト、shu-sanの演奏。今日はコアのコンサートで2曲を演奏されましたが、さて、どうしてでしょうか、shu-sanが立つと場の空気が少し変わるのです。こういうのをオーラというのでしょうか。


26Aug07-6.jpg
二次会場は彩華に代わって台湾市場。今月で3回目、スタッフの方々は少し慣れて下さったかな?どうもご馳走さまでした。

26Aug07-7.jpg 26Aug07-8.jpg
今月も、歌ありフラありで大盛況でした。
更に「小岩の恋は濃いわ」を聞く事も出来ました。yonakaさん、ありがとうございました。

26Aug07-9.jpg
そして、バンブーに移動して三次会。

26Aug07-10.jpg 26Aug07-11.jpg
この夜は子供の姿が目立ちました。shu-sanの演奏に、どの子も目が釘付け。

26Aug07-12.jpg
この日はフラショーがありました。流麗・妖艶なダンスに、どのおじさんも目が釘付け。

二次会、三次会と、まるで飲食の為に出掛けた様な感じですが、さにあらず。
こういう時にしかお会い出来ない方々とのコミュニケーションも目的のひとつであります。
私にはこの時間がとても貴重なものなのであります。
9月例会は日帰り合宿ということですが、今度は完全に都合が付かず参加出来ません。
ま、出来る時に精一杯楽しむのがよろしい様で。

今月参加の皆様方、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

26Aug07-13.jpg
それにしても、腹が減る。困ったもんです。
夜中だってのにモスバーガーで三品買って帰りました。これはちょっとヤバいだろ・・・。

26Aug07-14.jpg
最後に、おまけ。コアロハ ”ポチッと” セプター。

8月29日追記:ココ夏の写真は掲載後24時間の経過をもちまして削除いたしました。
タグ:ウクレレ NUA
posted by schuntama at 04:35| Comment(21) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ミッドナイト・ルーター

21Aug07-1.jpg 21Aug07-2.jpg

ロゼッタ作業中であります。
私はドレメルのルーターを使っているのですが、どうしても騒音は避けられません。
たとえルーター自体が静音設計でも切削音は防ぎようがないからです。
でも、でも、深夜の作業でもルーターを使わないと次に進めない事だってあります。
騙しだまし、力加減とかモーターのスピードを少し落としたりとか、色々と工夫します。
なのに、その甲斐も無く奥玉に怒られるのであります。
「うるさいからもうやめなさいよ!」
へーい。しょぼーん。

21Aug07-3.jpg

さて話は変わって、近頃めっきりローGづいた私はバックパッカーもローG化しました。弦はS-Oと同様、ナイルガットに4弦をワースのフロロカーボンBMローGというセッティング。音は・・・ ま、バックパッカーですので。しかし、雰囲気は出てますね。いいかも。
posted by schuntama at 01:35| Comment(8) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

第26回オハナ・ウクレレ・パーティー

19Aug07-1.jpg
オハナ・ウクレレ・パーティーに初めて参加させて頂きました。今回で第26回目、MATTさん主催のこのイベントは茨城県古河市にある「Spanky's」にて開催されます。古河駅前でiisanとお会いできたお陰で道に迷わず行く事が出来ました。

19Aug07-2.jpg 19Aug07-3.jpg
開催時刻40分前に到着も、すでに満席状態。皆さん気合いが入りまくりであります。
店内に入ってMATTさんにご挨拶。と同時に、最近購入したばかりのMATTさんの著書「ウクレレ快読本」にサインを頂く事が出来ました。MATTさん、黄金のサインをありがとうございました!
アーンド、ビエール!

19Aug07-4.jpg
このイベントでは毎回「主役」となる方がいらっしゃいます。
今回の主役はこの方。NUAの先輩でもある、yonakaさん。ハワイアンを中心に14曲を聞かせて下さいました。ご自分のウクレレとの出会いから現在に至るまでのエピソードをEmceeされながら5台のウクレレを駆使しての歌&演奏。「買った順」というのがなかなかニクい演出であります。

19Aug07-5.jpg 19Aug07-6.jpg
yonakaさんの甘い歌声と華麗な演奏、そして、美しいフラ。
いや、もう、素晴らしい!日本にいても、これだけハワイを感じられるとは。
堪能させて頂きました。ありがとうございました。
めくるめく14曲の後にはハナホウが。タイトルは「小岩の恋は濃いわ」!(でしたっけ?)
実はこの歌、弊ブログでのコメントが切っ掛けで出来た替え歌であります。
結構ウケましたね、これ。すっごく良かったです!出稽古のテーマ曲になるか?

19Aug07-8.jpg
うくどら家からは3頭のトイプードルも参加。この子は誰でしたっけ。ぷあちゃん?
ぬいぐるみみたいな3頭にウルッと見つめられると、思わず胸がグッと来るのであります。
それにしても、なーんで楽しい時間はアッという間に終わってしまうのでありましょうか。私の夏休みもこれで終わりであります。しょぼーん。

19Aug07-7.jpg
だいちゃんも、おつかれさまでした。すごくたのしかったですよ。また、おじさんとポケモンのおはなしをしようね。まはろ。
タグ:ウクレレ
posted by schuntama at 02:25| Comment(7) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

避暑2007

秘書と旅へ行ってきました! ・・・ではなくって、
避暑の旅へ行ってきました!
車に乗って奥玉と行く奥多摩の旅、ディスカバリー・トキオであります。

今回は旅のお伴にマーチンS-Oを連れ出しました。炎天下、車を離れる時は必ずウクレレを持ち出します。50度以上になる車中に置き去りにされたウクレレは無事では済みません。折角ですから、ウクレレと一緒に景色を撮影してみました。


8月15日
Okutama1.jpg Okutama2.jpg
初日は義妹、甥、姪も連れて山梨県丹波山村のキャンプ場でデイキャンプ。
厳密には奥多摩では無いのでしょうが、私にとっては奥多摩湖を中心に五日市から塩山に至るエリアは全て同じ様なもの。林道をバイクで走り回り、雪の中でもキャンプした20代の頃は庭も同然でした。

Okutama4a.jpg Okutama3.jpg Okutama4.jpg
川の中にイスを設置して、川の流れに足を泳がせて、ビエールとウクレレ!
もー最高です!脳内がハジケました。って、それじゃ脳溢血か。
義妹が運転してくれたお陰で車内レレ練習も出来ました。しかし走行中の演奏がこんなにも難しいとは思わなかったのであります。
この日は多摩エリアにある奥玉の実家でお泊まり。


8月16日
Okutama5.jpg Okutama6.jpg Okutama7.jpg
奥玉、ムスコ、私の3人で朝8時過ぎに出発。最初にお手軽避暑の定番?鍾乳洞であります。東京には複数の鍾乳洞がありますが、今回はあきる野市養沢の三ツ合鍾乳洞へ。さすが涼しくて、なかなかよろし。洞内の通路は狭く、急階段を折り返しながら進みます。プチ川口浩気分に浸れます。ただ残念ながら石筍ニョキニョキのいかにも!な風景は見られません。地味系鍾乳洞ですかね。(洞内撮影禁止らしいです)
右の写真は鍾乳洞入り口付近から見下ろす駐車場の風景。ここも、トキオ。

Okutama8.jpg Okutama9.jpg Okutama10.jpg
お次ぎはこの旅の真の目的地、檜原村へ。まずは東京都指定天然記念物でもある神戸岩(かのといわ)へと参ります。
解説が記されておりまして、それによると「北秋川の一支流神戸川に部分的に発達した渓谷で、長さ60m、幅約4m(谷底で)あり、西岸の高さは約100mある。峡谷はジュラ紀に属する角岩(チャート)層からなり、岩石が特に堅硬であるためにできたものである。底には小規模であるが滝が連続的にかかり、甌穴(おうけつ)(急流のために生じた凹処)もある。峡谷として模式的なもので、学術上貴重である。」との事です。
岸壁に打たれた鎖に捕まりながら渓谷内を歩くのは非常にスルリ満点であります。奥玉とムスコは腰が引けて進入を断念。残念。

Okutama11.jpg Okutama13.jpg Okutama14.jpg
岩場でGを決めようかと思いましたが絶対滑り落ちるという予感がしたのでやめました。
渓谷脇には味わい深い小さな橋と短いトンネルがあります。トンネル内は照明が無くカーブしているので昼でも真っ暗。歩いてみたけど、すっげーコワいのであります。こういう涼み方もありますな。
トンネルを抜けて真っすぐ進むと、鋸山林道入り口(写真右)。20年くらい前は未舗装でガレていて走り甲斐がありましたが、現在は全舗装。むかーし若い頃、この林道は何度もバイクで走りました。凄く楽しかった。で、今そこに自分の子供が佇む。なんか、不思議。暫し川で涼んでおりましたが雷が鳴りだしたのでそそくさと出発。すぐ動かないと雨でずぶ濡れになってしまいます。この後は、お宿へ行くだけです。案の定、走り始めてすぐに大粒の雨が降り出しました。

Okutama15.jpg Okutama16.jpg Okutama18.jpg
ささ、到着であります。お世話になるのはこちら、「民宿・浅間坂(せんげんざか)」さんです。エントランスから見えるのは大正5年建築の母屋。現当主は棟梁で、この母屋の増改築や奥にある新館、旧館の建築などを手掛けられております。私たちは新館に泊まる事にしました。写真右は地場産の岩を切り出して設えた岩風呂。標高600mの景色を見ながらの入浴は言葉に出来ない気持ち良さ。檜風呂もありますがこの日は女湯でした。温泉では無いのが惜しいところですが、補って余有る素晴らしさでありました。

Okutama17.jpg Okutama19.jpg Okutama20.jpg
Okutama21.jpg Okutama22.jpg Okutama27.jpg
お部屋は和室。中へ入って窓越しに目に飛び込むのは檜原の山々。部屋に使われる木材は勿論、地場産の杉・檜。天井の梁は樹齢100年以上の檜、天井板は杉。所々に杉の根から切り出した板が使われているのですが、これが美しい!これでウクレレを作ったらどんな音になるでありましょう。(ああ、材を交渉するんだった・・・)
窓の外の手摺、よく見ると釘ではなく木組みで組まれています。棟梁の自信が溢れております。日本建築も素晴らしいですが、お料理もグー(桂三枝)。山女魚の塩焼きも頂きました。特産の刺身こんにゃく、これを山葵醤油でツルッと食べると・・・ 最高過ぎであります。

Okutama23.jpg Okutama24.jpg
お部屋では当然の様にレレ練であります。勿論、音量には気を使います。夏のひととき、弾くのは勿論、あの「思い出」の曲。奥玉とムスコは・・・聞いちゃいねえや。
フと気が付くと、ナナフシがやってきました。最初は枝のフリをして一所懸命に前足を真っすぐ伸ばしているのですが、そのうち無駄だと知るといきなり逆切れです。真っすぐだった前足は写真の様に威嚇モードであります。ちょっと、オマエねえ・・・。


8月17日
Okutama25.jpg Okutama26.jpg
朝目覚めて景色を撮影してたらデジカメが電池切れになってしまいました。仕方無いのでこの後はケータイのカメラを代用。
山菜づくしの朝食を頂いて、チェックアウトいたします。いやいやいや、この民宿、満足度高し!個人的また来たい宿の筆頭であります。
さて、向かうはまたもや神戸(かのと)。今度は国際マス釣り場であります。やはり子供には魚を釣らせないと(なんのこっちゃ)。釣果は親子3人それぞれ1匹ずつ。良く出来ております。その場で塩焼きにしてもらって食べてまいりました。いやあ・・・うんまいですなあ。

いやーほんと、久し振りに親子で旅行出来ました。それも近場でこんなに楽しめるとは。そしてこの山奥、なんと云おうと都内ですよ、都内!素晴らしい。いつかハワイにも行ってみたいのですが、その前に、まだまだ東京都内で楽しめそうであります。また奥多摩へ「上京」しようかなあ。
あ、そういえば、東大島も小岩もお茶の水も東京だあ。やっぱり東京ってスゴいのね。
タグ:
posted by schuntama at 23:06| Comment(11) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

模様替え

夏ですし、ブログのテンプレートを変えてみました。

でも、もう残暑でありましたか。

しかしまだまだ暑いすね・・・ ダラ汗。
posted by schuntama at 17:33| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

小岩出稽古 8月

11Aug07-7.jpg

第32回小岩出稽古へ参加させて頂いて参りました。(私は3回目)
小岩の恋は濃いわ、という唄を書くメンバーの方がいらっしゃるほど高密度なウクレレ演奏の稽古でありますが、今回もとっても濃い内容の講義&実践内容でありました。5時間なんて、あっという間。その充実度合いについては、参加された方々は然る事ながら主催される親方shu-sanのお顔をご覧頂けばご想像頂けるかと。

11Aug07-4.jpg 11Aug07-3.jpg

今回もコード理論の講義を頂き、実際に演奏して体に叩き込む内容であります。メインメニューはダイアトニックその他コード理論解説とトレモロ奏法の実践。親方のご指導は熱血だけではありません。時にユーモアやトリビアを織り交ぜて、全く飽きる事が無いのであります。
実際私の場合、己の演奏スキルにおいて微々たる内容ながら着実に歩を進めている感があります。
ちょっと前のヤングな表現を用いると「まじすっげえ楽しいじゃん!」なのであります!もうサイコー!shu-san、皆さん、どうもありがとうございました。


11Aug07-2.jpg 11Aug07-1.jpg

え、さて、話は前後しますが、稽古の前には腹ごしらえを。FMえどがわにほど近い長寿庵にて昼食を仕込みます。今回の私のメニューは鴨せいろ。前回の鴨南蛮そばが超ヤミーだったのでもう一度食べようかと思案だったのですが、親方の勧めもあり鴨せいろにしてみました。で、これがまた、もう・・・ 美味い!ヤミー過ぎであります!おかわりすればよかった。ビエールも進むワケですね。
ウクレレフェスティバルに参加された方々の土産話を聞きながらの食事は実に美味しく楽しく、このまま帰っても後悔しないくらい、既に濃いわ状態。
11Aug07-5.jpg 11Aug07-6.jpg

稽古が終わって、午後6時を過ぎてもこの明るさ。自分が子供の頃の夏休み、しこたま遊んで帰宅して、サザエさんを見終わってもまだ空が青みがかっていたのを思い出しました。おぢさんになった今は、しこたま稽古した後に2次会場の鳥正を目指して青みがかった空の下を歩くのであります。鳥正も超ヤミーだあ!

11Aug07-8.jpg 11Aug07-9.jpg

同好の士の集いというのは実に楽しく、2次会もあっという間に終了であります。
が、しかし。タバコをやめて食に走る様になった私は、今回も大学堂で買い食いを決行いたしました。とにかく、部活に汗を流す学生の様に腹が減って仕方が無いのです。
今日も「まってけろ」は届かず。皆さん、申し訳有りませんでした。

でも今回は買い食い仲間が約2名いらっしゃいました。
夜の総武線ホームでナンドッグを貪る3人のおぢさん達。美しい。
ちなみに、大学堂の店員さんは今回もナカムラさんでしたよ。っつーか、いつもそう?
とにかく美味しかったであります!マハロ!

11Aug07-10.jpg

で、帰宅してからブログを書きつつも飲食は続くのでありました。
こんな食生活で体型に変化が無い訳ですからね、内蔵メタボには気ィ付けないと。
タグ:ウクレレ
posted by schuntama at 01:35| Comment(8) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

KUA'AINAを食す

奥玉とムスコは帰省中。自分は明日から夏休み。
そこで仕事帰りに足を伸ばして、さいたま新都心へ。

10Aug07-1.jpg

ちっとも脈絡ありませんが、つまりは久々にKUA'AINAで晩飯を食ってきたのであります。

10Aug07-2.jpg

アボカドバーガー1/2LBセットをジンジャーエールで流し込みます。
1/2LBは焼き上がりに15分待たねばなりませんが、当然、その価値あり。
しかしテーブルへ運ばれるなり、あっという間にハワイ胃袋紀行は終了するのであります。
とにかく、んまい!超うんまい!ヤミー!


さて、食後は階下の紀伊国屋書店へ。お目当ては、MATTさんのあの本。
が、しかし!無いのでありますね。隅々まで捜しましたが、無いのです。
売り切れ?いやいや、どうやらここの店舗には置いてないフシが。
そもそも、ウクレレ関連書籍が4、5冊しか置いてないのですな。それも、古いの。

在庫を店員に聞けば良いのでしょうけど、過去の経験から云うとこうしたケースではお目当ての本は100%置いてないのです。
長い事確認の時間を取られて、「お取り寄せになります」と告げられ、しょぼーん、とね。
仕方無い、アマゾンで買いましょうかね。

10Aug07-3.jpg
さて、明日は久々のレレ行事、小岩出稽古へ行って参ります。
練習、練習・・・。 汗、焦、汗、焦。
タグ:ウクレレ
posted by schuntama at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

サマー様

皆さんは、夏が好きですか?
私は、大嫌いです。(泳げないからという話もありますが)

06Aug07-3.jpg

のっけからスミマセン。だって、だって、だってぼくーんち、ケーキ屋さんだーもん♪
じゃない、だって、コレ書いている今、もうすぐ午前2時半ですけど、こんな温度なワケですよ。深夜でこの温度です。お助けですよ、もう。全然能率上がらず。困ったもんです。
あまりの暑さに脳味噌が汗かいて「ケーキ屋ケンちゃん」の歌がリフレインしております・・・。

06Aug07-2.jpg

レレ作って脱水症状、熱中症なんてシャレになりません。
削っては飲み、飲んでは削り・・・ああ、ビエールが飲みたい・・・けども、水です、水。
飲んだそばから汗となって蒸発していきます。何リットルあっても足りません。

06Aug07-1.jpg

関東地方は今が夏まっさかりかーついだきーんたろおー♪・・・
じゃない、夏真っ盛りであります。ああ、いやや、こんなん。秋が恋しいであります・・・。
posted by schuntama at 02:40| Comment(13) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。