2007年05月31日

集塵設備停止

31May07-1.jpg

サペリの角材からライニングを切り出しております。
前回もそうでしたけど、切っている時のニオイが何故かタンスの様な・・・。
しかもタンス10棹分まとめたくらいの、濃密なニオイであります。げほっ。
ウクレレになってしまえば臭わないんですけどね。


31May07-2.jpg

さて、切り出しを終えてお掃除中の事であります。
自慢のダスト・コレクション・システムを稼働させていたら、
ぶびいいいいーん・・・ ぶうん! しーん・・・。
突然、帰らぬ機械となってしまいました。せめて掃除が終わってからにしてほしかった。
しかし、元々くたびれていた掃除機を譲り受けて使っていた訳ですから、よく今迄動いてくれました。私の良きアシスタントも日夜大鋸屑や削り粉を吸い続けて幾年月。潔い最期でした。
ありがとう、HITACHI。アディオス。

・・・早く掃除機を買いに行かないと作業が再開出来ない事に、今、気付きました。
posted by schuntama at 00:18| Comment(6) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

朝から木目

28May07-1.jpg

二日酔いの頭を抱えながら作業部屋に入ったら、朝日の中でコアがぼんやり光ってました。
とても綺麗。早起きして得した気分です。

これはコンサートのトップ。厚み落とし中です。
posted by schuntama at 06:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ショックであります

注:ライブ中継でありますが、只今、ビエールがかなり入っております。それを前提でお読み下さい。

27May07-4.jpg
私は今、おじさんというのは、とても傷付き易い生き物であるというのを実感したところです。

実は、ムスコの登校班にブログ全国4位のアクセス数を誇る子がいるのですね。
こりゃすごい。その子に我がブログを見てもらって意見を頂戴したのです。
そのご意見は・・・

「つまんない」

・・・。
どうもありがとうね。とても参考に・・・  っつーか、効いたなあ・・・。

やっぱり子供には敵わないすよ。マジすげえです。
タグ:ブログ情報
posted by schuntama at 19:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bruddah Koa

'Ey! Howzit,brah?

という事で、どうもご無沙汰しております。(笑)
これからのエントリーのアップの仕方を少し変える事は先稿にてお知らせした通りです。
今後は暫く「Works in Progress」というカテゴリーに不定期にアップする事にしました。
○号機X△とか区切るのではなく、今やっている事をちょろっとご覧頂ける場所です。

27May07-1.jpg 27May07-2.jpg
で、第1弾はこの「Bruddah Koa」の様子です。コンサートとソプラノを同じコアから作っています。コア兄弟。手持ちの中で一番黄色いコアを使ってみました。カーリーは大した事ありませんけど、木目がとてもお気に入りです。バック・センターにサップ(辺材)が入るのもなかなか良さげです。今夜迄にはブックマッチの呪縛から解放出来そうです。

ソプラノのモールドも出来ました。8号機から使い始めたコンサートのボディ・シェイプに準拠した形にしてあります。ゆくゆくはこのシェイプを応用したテナーもやります。

27May07-3.jpg
マホもあるでよ。
これはブックマッチ待ちのソプラノであります。こういうブックならどんなに読んでも飽きる事はありません。

と、まあ、こんな調子でパラパラとやってまいりますです。m(_ _)m
posted by schuntama at 02:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Works in Progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

お知らせです

24May07-1.jpg

弊ブログをご訪問の皆様、いつも読んで下さいましてありがとうございます。
さて私儀、この度これまで以上にウクレレ製作に没入する事となりました。

過去の製作本数は少ないですが、諸先輩方の知恵を頂きつつ、とにかく手を動かして足りない頭を絞って自分なりのノウハウを蓄積してきたつもりです。そして、例の8号機でひとまず私が考えるウクレレの方向性が少なからず見えてきました。この機を捉え、更に確固たる物とする為にもっと深くウクレレと向き合う事を決心したのです。

とはいえ私の実態は妻子あるサラリーマンですので、1日あたりの製作時間はこれまでとあまり変わりません。そこで、ブログに費やす時間を減らして製作時間を少しでも増やす事にしました。今まで極力リアルタイムに近い製作の状況をご覧頂く為に製作日記みたいなスタイルで書いてきましたが、これからは時々、今何を作っているのかをチラッとご覧頂けるくらいにしたいと考えています。
ま、ブログを止める事は考えていませんし、時にはスットコな記事もアップすると思いますので、これまで同様に皆様に覗いて頂けたらとても嬉しく思います。
ちなみに、上の写真はブラン・ニューのソプラノのモールド製作の模様です。

24May07-2.jpg
という事で、これからは更なる向上を目指して行きます。
心境新たなスタートのBGMは、shu-sanのニューCDで飾らせて頂きます。
ウクレレ1本だけで多重録音無し(!)というこの「UKULELE SMILE U」、凄いですよ。
是非、沢山の方に聴いて欲しい1枚です。


それでは、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
タグ:ウクレレ
posted by schuntama at 02:50| Comment(7) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ヘッドにマスコット

ウクレレのヘッドにレイとか小さなぬいぐるみとか、立体的な飾りを付けている方が結構いらっしゃいます。携帯電話のストラップ同様、皆さん個性的で見ていて楽しいですね。

23May07-1.jpg


クラプトンはストラトのヘッドに吸っている途中のタバコを挟みますが、私はこれでいくことにしました。これは、まだ誰もやってない筈です。ちなみに、タバコは喫煙所で吸います。

追記:これが本当のブックマッチ・・・てか。
タグ:NUA ウクレレ
posted by schuntama at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

NUA5月例会・そして彩華

日本ウクレレ協会(NUA)5月例会に出席してまいりました。
私は2ヶ月ぶりの参加でしたが、今回は特別な日でもありました。
NUA会員の方にはお馴染みの中華料理店「彩華」が5月20日をもって閉店、15年の歴史に幕を下ろしました。

21May07-1.jpg 21May07-2.jpg 21May07-6.jpg
私はこちらで2次会に参加したのは今回で3回目になりますが、料理の味は勿論ご主人とスタッフのお人柄、お店の立地。私はその全てに魅了されていました。皆に惜しまれつつ。そんな言葉がピッタリの閉店。美味とレレ奏の場を提供して下さった彩華の皆さん、ありがとうございました。そして、ご馳走さまでした。

21May07-3.jpg 21May07-4.jpg
いきなり2次会の話でしたけども、例会自体は私は前回同様に固まりっ放しでした。
会員の皆さんの演奏を聴かせて頂いて己の糧とするのみであります。反省。

21May07-5.jpg
もうひとつの反省は、ピンボケ写真の連発。どうしてもブレる、ボケる。軽いカメラはダメだねーなんて毒づいてたら、隣に座っていたまもさんから「増感してみたら?」とアドバイスが。早速設定すると、ブレない、ボケない。軽いカメラ、最高だねー。(笑)
タカさんとNYAOMIさんの写真は設定前に撮ったのでこんなになってしまいました。
タカさん、手を合わせるのは私の方です。NYAOMIさん、頭を下げるのは私の方です・・・。汗。


21May07-7.jpg 21May07-8.jpg 21May07-9.jpg

例会が終わると、話は戻ってまたもや彩華。貸し切りで弾いて歌って踊れる、恐らく日本で唯一の中華料理店はこの日もオーバーレヴ。でもただ騒ぐだけの2次会ではないのが素晴らしいところですね。皆さん、真剣に遊んでますよ。大人です。あちこちのテーブルでshu-sanのレクチャーが受けられるのもこの2次会ならではですね。
クライマックスには彩華閉店にあたりNUAを代表してMATTさんから感謝状と記念品を贈呈するセレモニーがありました。iisanのリードで彩華にちなんだ替歌を皆で歌ったのも最高でした。ディープな歌詞のセンスに笑ってばかりで歌うのが困難な曲ばかり。


21May07-10.jpg 21May07-11.jpg 21May07-12.jpg

そして3次会のバンブー。ここの料理も美味!大好きです。コナ・ビエールが進みますな。
ここでもmasayaさんとyonakaさんの胸を打つヴォーカル・演奏と女性陣の流麗なフラを堪能。皆さん本当に凄いです。(載せられる写真がありませんでした。スミマセン)テーブルを埋め尽くしたディープなサンデー・ナイトは充足感に満たされて終わりました。


最後になりますが、今回持ち込んだ8号機マホ、お蔭さまで下の写真の方々も含めて沢山の方に弾いて頂く事が出来ました。試奏にあたり出来るだけ率直な感想を伺える様にお願いさせて頂きました。長時間弾かないと分からない事もありますが、弾いた時の第一印象って多分重要ではないかと思います。

21May07-13.jpg 21May07-14.jpg 21May07-15.jpg
21May07-16.jpg 21May07-17.jpg 21May07-18.jpg
21May07-19.jpg 21May07-20.jpg 21May07-21.jpg

皆さんのご意見を伺ってビックリしたのが、このウクレレに対して実に肯定的であった事です。殆どの方が「良く鳴る」「弾き易い」「音が良い」という感想を口にされました。今までで一番出来の良いウクレレという自負はありましたが、ここまで好印象を頂けるとは夢にも思っておりませんでした。
御指摘頂けた事としては、サウンドホールが大きめである事、指板のバインディング素材を樹脂にしてはどうか、といったものでした。大きめのサウンドホール、これは自分でもやり過ぎかなと思っていた事です。まあ、あまり良い事でないのは事実ですね。穴が大き過ぎると撥弦直後にボディ内の音の反射が逃げてしまうからです。指板のバインディング素材については、ストラム時に指が当たる事で縁が削られる事が無い様に樹脂を採用するというご提案です。実際、ピック弾きのギターにはそういう処理が多いですね。ウクレレは指先で弾く事が殆どなのでエボニーが削れる心配は少ないのですけど、ヘビー級プレイヤーではそういう部分も疎かにはしません。個人的には出来るだけ樹脂を使わないのがポリシーでありますが、依頼された製作では出来る限り希望に沿った素材を採用するのは言うまでもありません。

今回NUAの皆さんに弾いて頂いてつくづく感じました。
ウクレレ演奏はとても楽しい。でも自分は、作ったウクレレを人に弾いてもらった方がもっと楽しい。やっぱり、そういうジャンルの人間なんです。
造りの内容も含め、今後の自分のあり方を熟考する大きな切っ掛けを頂く事が出来た1日でした。
って、ちょっと大袈裟かな・・・。

NUAの皆さん、Mahalo nui loa.

- 追伸 -
あのshu-sanがインプレッションがてら、このウクレレで1曲演奏して下さいました。
フラガール・シェイカーでshu-sanのCDを流したのとは訳が違います。
感無量、放心、絶句。これが自分の作ったウクレレの音・・・?
shu-san、華麗な演奏と貴重なご意見を大変ありがとうございました。
撮影した動画は家宝にさせて頂きます。
タグ:NUA ウクレレ
posted by schuntama at 13:09| Comment(10) | TrackBack(0) | Uke Pal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

がんばれ弦さん

19May07-3.jpg

8号機マホ、弦のセレクトに迷っております。
最初に張ったナイルガットでこのまま落ち着くかと思ったのですが、いかに高性能な弦といえどウクレレ自体の造りの悪さをカバーしきれず嫌な音が耳に付く様になってきました。そこで、試しにGHSクリアーを張ってみましたが・・・ダメです。音に芯が無い。あれはアメチュー用ですな。で、ワースのフロロBMにスイッチしてみます。フロロの音はギラついた印象があったのでこのところ敬遠していました。が、しかし。意外な事に、ナイルガットよりも好印象な結果でした。音の伸びが安定したのもグッドですが、より一層マホらしい音色を表現してくれたのです。
でも、まだ決めかねております。やはりフロロの感触に馴染めません。ゲージが落ちた事でピッチも若干変わってしまいました。
NUA例会は明日。さあて、どうする。(それよりも演奏の方がヤバいという話も)

19May07-4.jpg
余談ですが、チューニング・メーターを買い直しました。KORGのAW-1です。弾きながら確認するにはこれ以上の物は無いでしょう。とても使い易いです。実際これを使用している方は多いですね。以前のものはコンタクト・マイクのケーブルが断線してしまいました。
タグ:8号機
posted by schuntama at 15:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業務連絡 3

えー・・・ 私信です。

19May07-1.jpg
フラガール・シェイカー、追加分を製作いたしました。
なんと2つ作れましたよ。良かった。

19May07-2.jpg
試しにホンジュラス・マホガニーのトリムも作ってみました。
サンプルとして一応持参いたします。
ひとつしかありませんけど、お気に召しましたらその場で貼り付けましょうか。
タグ:工具・道具
posted by schuntama at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

業務連絡 2

すみません、今日も私信です・・・。

ご希望頂いたフラガール・シェイカー、出荷準備が整いました。
動作確認を行なってから梱包してあります。
今度の例会にハンド・キャリーでお届けいたします。

18May07-1.jpg
精密機械(笑)ですから、厳重にパッキングします。
この容器はフード・コンテナですので、キッチンに転用する事が出来ます。
プチプチ及び緩衝材はLMIの物なのでプロ仕様(笑)です。
この緩衝材は水に溶けますので、ご家庭のゴミ減量にも一役買います。

18May07-2.jpg
ちょっとばかり容器が大きめなのがお持ち帰り時にお手間を取らせるかもしれません。
念の為、地味な色のビニール・バッグをご用意させて頂きました。
これも大きめなので(笑)、例会でお買い求めになるであろうshu-sanのニュー・アルバムも50枚くらいなら余裕で入ります。
更にスーパーへお買い物に行く際、ショッピング・バッグに転用する事が出来ます。
ちなみに、コンテナとバッグはIKEA製なので割と丈夫です。

それでは、例会までしばしお待ちを。
タグ:工具・道具
posted by schuntama at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

業務連絡 1

ご訪問下さった皆様、すみません。今回は殆ど私信であります。

17May07-1.jpg
えーと、例のブツ、進めておりますよ。
2号機は潰して、3人分まとめて同じコアからトリムを作る事にしました。
だんご三兄弟。

17May07-2.jpg
こういうアクセサリーぽい物の作業も楽しいですな。
端材で何か作ってみようかな・・・。

17May07-3.jpg
オイルフィニッシュしておきましたよ。
タグ:工具・道具
posted by schuntama at 01:02| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

マグネット・ホルダー

16May07-1.jpg
念願のマグネット・ホルダーを入手しました。
壁に取り付けて、そこへ鉄モノ工具をペタペタ貼付けるという収納?です。このやり方はプロの工房でも見られます。
私の作業部屋は、あるだけでも幸せとはいえ収納に難儀する狭い部屋ですので、こういう工夫をしないと工具類があちこちに散らかって非常に効率が悪いのです。見た目にもそれっぽいですから気分も盛り上がるというものです。(ここ重要)

16May07-2.jpg
で、モノはこちらで購入です。キッチン用品売り場にありました。元々は包丁をくっ付ける為の物ですが、用途としては同じですね。で、これを2本横に並べて使っています。
タグ:工具・道具
posted by schuntama at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 工具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

おとなのじかん

15May07-1.jpg

ウクレレを作る部屋でビエールを飲りつつ作ったウクレレを弾く。
至福の時。
最高であります。
タグ:8号機
posted by schuntama at 00:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

8号機 マホ 写真集

13May07-9.jpg

出来れば自然光の元で撮影したかったのですが完成が夜だった事、今後屋外で撮影する時間があるのか見当が付かない事もあって、取り急ぎ作業部屋で各部の撮影をしておきました。

最新作だけあってそれなりの進化はありますが、なんちゃってな部分があるのも相変わらずです。お暇がございましたら、この不出来な子を眺めてやって下さいませ。

13May07-12.jpg 13May07-13.jpg 13May07-10.jpg 13May07-11.jpg

13May07-15.jpg 13May07-14.jpg 13May07-20.jpg

13May07-16.jpg 13May07-17.jpg 13May07-18.jpg 13May07-19.jpg


13May07-21.jpg
仕事で構ってやれない時は、フラガール・シェイカーにお守をお願いしておきます。(笑)
タグ:8号機
posted by schuntama at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

8号機 マホ 完成!

8号機マホ(妥当レイラニ)の製作も今日が最終回となりました。
朝にナット、サドルを作り始めてセットアップ終了が夜ですから、意外と時間が掛かってしまいました。出来れば自然光の元で完成品の撮影をしたかったんですけどもね。


13May07-1.jpg
では、作業です。ポリッシュの後はワックスで仕上げです。これもお初、Dr.Duck's AxWaxです。これひとつで楽器の全てを艶出し・クリーニング出来ます。無塗装の指板、ブリッジにもO.Kです。勿論、シリコンや酸、研磨剤、合成成分は含まれておりません。アックスを弾くアヒル先生の絵がキュートですな。

13May07-2.jpg 13May07-3.jpg 13May07-4.jpg
サドルの写真を取り忘れたのでナットで許して下さい。
つまり、Not saddle. (ナット・サドル)なんちって。う、ゆ、許して下さい・・・。
で、今回は牛骨を採用しました。粉塵とBSEが心配なのでマスク着用での作業です。
溝切りは何度やってもハラハラします。カマカの職人さんは「へっへー」という感じで実に軽やかに溝切りを行なっていらっしゃいます。あの様になりたいと切に願います。

13May07-5.jpg
さ、牛の骨が上下に収まりました。ここで弦を仮に張ってコンペンセーションと弦高調整を行ないます。使用している弦はGHSブラック。この作業用に取り置きしている弦ですが、実はなかなか侮れないポテンシャルがあります。しかも安いのが嬉しいですな。
これが終われば、完成は目前です。

13May07-6.jpg 13May07-7.jpg
では、儀式を執り行います。ラベル貼りの儀です。
最近、プリンターが調子悪くなってきました。元々、昔の粗悪な印刷物のイメージで作っているのですが、そのイメージを表現できなければ只のキタナい紙切れとなってしまいます。また出費か・・・。
今回は縦に貼ってみましたが、偶然にもブレースとブレースの間にぴったんこでした。

13May07-8.jpg
さあて、本命の弦を張ります。本命のあの子はナイル・ガット子ちゃん。
この作業に入ると、もう我を忘れがちになって弦の先端でうっかり塗装面に傷を付ける事もしばしばです。今回はその辺に気を付けていたのですが、なんと指先の角質化した皮膚で傷を付けてしまいました。この作業にはニベアが必要そうです。アトリックスでも良いかと思います。桃の花も良いなあ。まだ売ってるのか・・・?

13May07-9.jpg
という事で、出来ましたよ、出来ました。
レイラニにノックアウトされた事が切っ掛けで製作を決意したこのウクレレ。
レイラニを打倒する筈が自信がしぼんでこの位が妥当という内容に変わったこのウクレレ。
ピッチはそこそこ良い方だと思います。出来たてにしては音も出る方だと思います。音色もマホらしくて、ウクレレ特有のあの音もします。軽くリバーブが出るのが嬉しいです。
塗装は艶出しが上手く出来る様になりましたが、塗り自体は一生掛けないとダメそうです。
まあとにかく、私が何を言おうと製作者の贔屓目にしかなりません。
これから出来るだけ色々な方に弾いて頂いて、色々なご意見を伺えたら製作者冥利に尽きるな、と考えております。

いやあ、それにしても完成後のイェビス・ビエールがうんまい事!
タグ:8号機
posted by schuntama at 22:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

8号機 マホ '07-05-12

12May07-1.jpg
ポリッシュが終わりました。使用したコンパウンドはミラーグレーズ。
このブランドは車の世界での方が有名でしょうか。これもLMIから購入しました。
使用した感想ですが、とても良いのではないかと思います。マイクロメッシュと併せ、何故これを最初から使わなかったのだ、ドン!(机を叩く音)というくらい良い製品です。

12May07-2.jpg
ここでブリッジに弦通しの穴を開けます。そうです、そろそろ接着であります。

12May07-3.jpg 12May07-4.jpg
例によってZ-ライトで接着面を温めて、久々に用意した膠をペタペタしたら、はい、グワシ!

12May07-5.jpg 12May07-6.jpg
接着中に他の事をとっとと進めておきます。まずはフレットのポリッシュ。今回は横着してドレメルで磨きました。そして、ペグ・ボタンのバリ取り。要はパーティング・ラインの削り取りであります。この辺はプラモに慣れた人の方が上手ですな。みみっちい作業と思われるでしょうが、こういう細かい所をやると意外に見栄え向上に効果的だったりする事も。なーんて言って、これをやるのは今回が初めてであります。汗。

12May07-7.jpg
あと残された作業はナット、サドルの製作とセットアップといったところでしょうか。
上手くすれば日曜日中には完成出来そうですな。完成したらフラガール・シェイカーで促成栽培してNUA例会でお披露目、と。
・・・しかし、音がどうなのか分からんのでありますな。しょぼしょぼだったらどうしましょうかねえ。あ、製作ばかりで練習が疎かなので演奏のレベルも非情に寂しいしょぼさなのでもあります。
大丈夫か、今度の例会。
タグ:8号機
posted by schuntama at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

8号機 マホ '07-05-11

久々のウクレレ製作であります。
塗装後1週間が経過したのでマイクロメッシュで研磨しました。

10May07-1.jpg 10May07-2.jpg
マイクロメッシュの使用は今回が初めてです。物はLMIから購入したマイクロメッシュ・スターター・キット。1500〜12000までの9種類の番手が1枚ずつとサンディング・ブロックが同梱された、お試しセットの様な物です。説明書を読んで初めて知りましたが、マイクロメッシュの1500番は普通のサンドペーパーの400番に相当するそうです。なので、1000番のサンドペーパーで均してから3200番のマイクロメッシュにスイッチして順次12000番まで研いでいく事にしました。

10May07-3.jpg 10May07-4.jpg
研ぎ方はヤシノミ洗剤を水で薄めてウェットサンドです。塗装面が研ぎカスと洗剤の泡でだんだん白くなってくるので、その都度ウェスで拭き取って表面の様子を確認しながら研いでいきます。最初の研ぎである程度凸凹を均しておくのが良い様です。完全にフラットに研がずに若干の研ぎ残しがある状態で1000番を終了させました。下地の露出がおっかないのであります。とにかく、軽いタッチで根気良く研いでいく事が重要です。短気を起こすとアッという間に今までの苦労が水の泡になってしまいます。

10May07-5.jpg 10May07-6.jpg
左の写真の様な細かい場所はどうしても研ぎ辛いものです。色の濃い部分が研ぎ残しです。サンディング・ブロックを当てて研ぎ辛い時は、細かく切ったペーパーで指先を使って慎重に研ぎます。私の場合、研ぎは基本的に深追いしません。多少塗膜が厚くても下地を露出させるよりはマシだと考えます。研ぎ切れなくても最後の最後にコンパウンドで磨く事にします。そうです、塗膜を薄くとか凸凹が無い鏡面仕上げとかを追求する前に、無事に塗装作業を完了させるスキルを身に付ける事が今の私には必要なのであります。

10May07-7.jpg 10May07-9.jpg 10May07-8.jpg
3200〜4000番では左の写真の様な具合なのが、番手を重ねる毎に艶が出てきます。どんどん研ぎ進めていきます。

10May07-10.jpg 10May07-11.jpg
ヒールの付け根も研ぎ辛い場所ですね。マイクロメッシュはサンドペーパーと違ってソフトなので、ブロックを当てながら角に意識を集中させて研ぐとそこそこ上手くいきます。ブロックの端から微妙にマイクロメッシュをハミ出させて研いでいます。ま、ここも無理して角の奥まで研ぐ必要は無いと思います。凹角の研ぎを追求しすぎると傷になってしまう事もあります。すると、その傷が白くなって後々残る事になってしまうのです。逆に、小さな凸角はあえて研がないで残す様にします。ここは最後にシュッと研ぐだけにして、後はコンパウンドで微細な研ぎを行なえば十分だと思います。
もうひとつ、こういう部分の研ぎは内側から外側へ向かって研ぐ様にします。逆向きで研ぐと凸角がどんどん削れてしまいます。ま、他の部分でもそうでしょうかね。

10May07-12.jpg 10May07-13.jpg 10May07-14.jpg
という訳で、12000番まで研ぎ終わりました。コンパウンド無しでもここまで艶が出ます。という事は、コンパウンド作業が楽になるワケでもあります。(その予定・・・)

10May07-15.jpg
研ぎ作業全体を通して安全策を取った為、塗装表面が微妙に波打っています。硬めのブロックで研げばこの現象は抑えられますが、ブロックに柔軟性が無いと曲面に追従し辛くなるので下地まで削ってしまう可能性が高くなってしまうのであります。この辺りの事は、私の場合は経験を積むしか解決策は無さそうです。

さーて、今夜あたりにコンパウンドでもやりますかね・・・。
あ、フラガール・シェイカー製作は一時休止です。(笑)
タグ:8号機
posted by schuntama at 03:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 作ったウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

Hula Girl Shaker・哀

まだまだ同じネタで引っ張ります。しかし、決して調子が良いという事も無く・・・

09May07-4.jpg
2号機が作動しなくなってしまいました。昨日まで動いていたんですけど原因は不明です。ちなみに1号機は何の問題も無く動いております。パーツ自体は100均ならではのラフな造りなので品質のバラツキが大きいのかもしれません。まあ、税込み¥105でプラグ付きスピーカーが手に入るのであまり文句も言えませんが、ひょっとしたらこの装置に作り変える事によって精密機械になってしまったのかもしれません。(笑)
取り急ぎ、代替の3号機を仕立てました。不良品をお渡しする訳にはいきません。

それにしても、昨日まで動いていた物がどこをどうすれば壊れるのか。全く分かりません。配線には手を付けてないし乱暴に扱ってもいません。しかし、これでは注意書きを添えなければならなくなってしまいます。
取り扱い注意、落下注意、コード捩じれ注意、プラグの抜き差しはコードを引っ張らない事、
搬送時は台車使用の事、ヘルメット着用、Fragile、Handle with care・・・、

そんなにスゴいマシーンを作ってるつもり無いんですけど。
posted by schuntama at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 工具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

Hula Girl Shaker 量産中

このところ、コレに没入しております。
8号機が乾燥中なので、もう少しコレで引っ張ってみようと思います(笑)

09May07-1.jpg 09May07-2.jpg
木製洗濯バサミも100均製品ですので、クォリティはそれ相応です。あちこちえぐれていたりササクレていたりします。なので、こうして一度バラして軽くサンディング、面取り等をしておきます。あくまでも、軽ーく、です。本気で整形すると一回り小さくなってしまいます。100均の素朴?な味わいを残すのも一興ではないかと。

09May07-3.jpg
さてS-Oですが、あれから毎日ずーっとCDを鳴らし続けております。で、昨日あたりから何となくですが、ボディが発する音楽の響きが素直になってきた気がするのです。まだ弾いていませんけど、この調子でレレ本体の音が良くなっていったらスゴいなと思います。ま、少なくともレレ型スピーカーとしては良い物になりつつありますな。
posted by schuntama at 01:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 工具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

Hula Girl Shaker 2号機

06May07-1.jpg

フラガール・シェイカーの2号機が出来ました。
マグネットの角がウクレレに当たらない様にコアでトリムしてみました。
その他、フィッティングの精度が向上して装着し易くなったり等、
2号機ならではの進化を遂げております。(笑)
インレイの周囲にエポキシが変な染み込み方をしてしまったのが残念・・・。

ちなみに、これはオーナーが決定しております。
今月20日に東大島にて納品予定です。

Shake, Shake, Shake! Shake your Uke!
posted by schuntama at 18:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 工具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。